• twitter
  • youtube

「水色」 一覧

水のきらめき。

カテゴリ一覧

曲を色で探す

好き! (未投票)
読み込み中...

風に嘆いた

2022/09/19

ダウンロード YouTubeで聴く

せわしなく動き回れば
少しの間だけ憎しみや人と比べることを
しないように出来た。

風に吹かれて湖のほとりで
足をつけていた。
冷たい水が今はかなしくて
癒えるようだ。

こんなに緑青々と茂っている場所でも
自分の弱さに呼ばれながら
どこかへ彷徨ってしまう。

そういう日を無くしたいと思い
毎日、毎日、
瞬間を願っている。

本当に小さくて狭い心が
私なのだと受け止めてから
溢れる黒ずんだ思いは
今も噴水のように吹きこぼれてしまって
止まらなかった。

きっと、怒らな過ぎたんだ。
過去も、今も。
そして負の感情を決して悪いことだとも思わなくて
ただそれだけなんだって、靴を転がした。
横たわってコップいっぱいの冷たいを
カラカラの喉に潤して
今日も正しい感情を見せて
正しく生きて、正しく装い続けた。

更新履歴 ピアノ即興 水色

好き!1 投票)
読み込み中...

残暑

2022/08/12

ダウンロード YouTubeで聴く

入道雲が浮かんでいる。
ともに、ひぐらしと秋の虫の鳴き声が
吹き渡る風に運ばれてきた。
残暑の中、この夏に想いを馳せた。

更新履歴 ピアノ即興 水色

好き!3 投票)
読み込み中...

凍結

2022/01/28

ダウンロード YouTubeで聴く

寒いねって
君は笑って雪に体を委ねるように
倒れて息を吐いていた。
まるで凍えて僕たちは凍り付いてしまいそうで
今にも息絶えそうだと思った。
ずっと思った。
何度も確かめ合ったこと、
両手を握り合わせたこと、
君とならここで雪に覆われて
死んでしまっても構わないだろう。

ピアノ即興 水色 更新履歴

好き!4 投票)
読み込み中...

感覚と冷えた温度と水分と

2021/10/18

ダウンロード YouTubeで聴く

冷えた温度が指先でなぞるすべてを
ざらつかせて
朝目が覚めたらなんて第一声を放とうか
考えている。
胸がいっぱいになった夜は
駅のメロディが鮮やかに光って
私は生きているんだと息を強く吸っては
吐いて
売店の緑茶を飲み干して
確かめる、
冷たい温度はすべての感覚を研ぎ澄ませるように
仕向けた。
すべてを感じている。

更新履歴 ピアノ即興 水色

好き!5 投票)
読み込み中...

安らかな眠り

2021/08/10

ダウンロード YouTubeで聴く

いつまでも眠っていた。
やさしい世界で眠っていた。
ここはどこだろう。
ここがどこかわからなくても
安心して眠ることができた。
毎日の光は煌いて鮮やかで
明日になるのが待ち遠しくて
私はそっと息を吸って吐いて
深呼吸ができた。

更新履歴 ピアノ即興 水色

好き!3 投票)
読み込み中...

春の嵐は貴方を連れてきた

2021/03/30

ダウンロード YouTubeで聴く

水が、下半身を覆う。
水はだんだん高さを増していく。
すごい雨だ。
自転車でなんとか逃げ切ったら
白い花束のあなたは待っていた。
そこで貴方といくつかの話をした。
水の中を越えてまた道路を
自転車でこいでまた元の場所に戻る。

白い花束の貴方はまるで
水の中の現実では行けない場所まで行ってしまって
もう体のある状態で
会うことはできない。

私は幸せになっていいのか。
貴方の夢を見るたびに思う。

目が覚めたら春の嵐が
一面を濡らしていた。

更新履歴 ピアノ即興 水色

好き!4 投票)
読み込み中...

水の破裂

2021/01/11

ダウンロード YouTubeで聴く

地面から水が溢れ出して
それは留まることを知らない。
ピーという警告音。
溢れ出す勢いは増す。
ぐるぐると渦を作って
やがて沢山の水溜りができる。
破裂しそうな思いを
ぷつ、ぷつんといくつも
流して、水溜りを作った。
叫びのように溢れる水は
濁っていたのに
地上に出れば少しずつ
透明になっていくのだった。

水色 更新履歴

好き!4 投票)
読み込み中...

この上ない喜び悲しみ

2020/10/24

ダウンロード YouTubeで聴く

やがて着地した世界で
すべてを燃やしている私がいる。
すべてこの燃えてしまった炭になったものは
目を閉じて、遠い遠い昔のことにしよう。
あまりにもかなしすぎるから
あまりにもつらいことを思い出しすぎるから
自分だって変えてしまって
生き方だって変えて
自分の神様さえ代わってもらって
目を閉じて、すべて君たちはいなくなったと
この世にいないことにした。
けなされて、けなしてきたこの言葉たちが
いつまでも棘を刺して
ずっとそこから抜けない。
だけれど深い棘を思い切り抜いて
私は強く向こうへ旅立つ。
いくら血まみれになっても構わない
この刺を海に葬る。
いくら血まみれでも痛くても
目を覚ませば嬉しくて泣いてた。
泣いてたんだ。

更新履歴 ピアノ即興 水色

好き!4 投票)
読み込み中...

命の鼓動は聞こえているか

2020/09/27

ダウンロード YouTubeで聴く

忙しなく溢れ返った言葉の海に溺れてしまって
どこまでも流された。
それは戦争のない世界なのに
まるで心の戦争みたいだ。

幻のあなたは言う。
この世で一番大切にすべきものは
言葉だ、と。

それは心の中でも現れるものでも
昔の私だって今なら知っていて

幾つもの隔たりを感じながら
今何をすればいいか自分に問う。

―命の鼓動は聞こえているか。
―破裂してしまった命のことを忘れるな。
―遠い君がそうだったように。

白い花束は私に教えてくれる。
もう間違えては、いけないと。

更新履歴 ピアノ即興 水色

好き!4 投票)
読み込み中...

私の選択。

2020/09/17

ダウンロード YouTubeで聴く

目まぐるしいほど
手や足を動かしていた、
9月。それは置かれたレールから、
自分で選ぶレールに線路を分岐した。
私は旅をする人だ。
ここから先は自分で何もかも選んでいくのだ。
手や足や、耳を澄ませながら
ぎらぎらと瞳を光らせながら
静かに厳かに一歩、進んでいくのは
もう不安があっても
これが現実であることを
受け入れたのだから
幸せになることを恐れることはもうないだろう
振り返ることもあれば薙ぎ払うこともあった、
燃やし尽くすこともあった。
壊し続けることも、葬ることも、
自分の心だって殺してきた、
そういう風に沢山のことを選んできたのに
今私は幸せになろうとしている。
訳がわからないほど叫んだ日は
途切れないのに
それでも進もうとするのは
強い声が、強い鼓動が
そこへ行け、と背中を押しているからだ。

更新履歴 ピアノ即興 水色

Copyright© 君の音。 | 真島こころ公式ウェブサイト , 2022 AllRights Reserved.