• twitter
  • youtube

「色カテゴリ」 一覧

好き! (未投票)
読み込み中...

風に嘆いた

2022/09/19

ダウンロード YouTubeで聴く

せわしなく動き回れば
少しの間だけ憎しみや人と比べることを
しないように出来た。

風に吹かれて湖のほとりで
足をつけていた。
冷たい水が今はかなしくて
癒えるようだ。

こんなに緑青々と茂っている場所でも
自分の弱さに呼ばれながら
どこかへ彷徨ってしまう。

そういう日を無くしたいと思い
毎日、毎日、
瞬間を願っている。

本当に小さくて狭い心が
私なのだと受け止めてから
溢れる黒ずんだ思いは
今も噴水のように吹きこぼれてしまって
止まらなかった。

きっと、怒らな過ぎたんだ。
過去も、今も。
そして負の感情を決して悪いことだとも思わなくて
ただそれだけなんだって、靴を転がした。
横たわってコップいっぱいの冷たいを
カラカラの喉に潤して
今日も正しい感情を見せて
正しく生きて、正しく装い続けた。

更新履歴 ピアノ即興 水色

好き!1 投票)
読み込み中...

2022/08/31

ダウンロード

(ver.2022)

(ver.2015)DL

大きな岩が、沢山転がっていく
坂を幾度となく歩いていた。
まっすぐな熱情を持って
手や足を動かせば
どんな苦境だって
乗り越えれた。
苦境が過ぎて真っ逆さまに落ちても
また身体を這いつくばって
汚らしい姿でも引きずり歩いた。

いくつもの闇に飲まれて
闇の中で熱情を瞬かせた。

「あの頃とは違う確かな心を持って
生きていけばいいのでしょう?」

そういう風に嘲笑って
いくつもの憎しみの中
泣きながら笑って
怒り狂い、
幾度も叫んだ。暴れた。

大きな岩に潰されても潰されても
この闇と熱情の心が
いつまでも燃え滾る。

心は、きれいじゃない。
でもそれでいい。

ここまで醜く這い上がったなら
そのまま受け入れて
私は正直に生きていく。まっすぐ、と。

更新履歴 ピアノ即興

好き!1 投票)
読み込み中...

野花は噛み締めた

2022/08/17

ダウンロード YouTubeで聴く

きっと、純粋な気持ちだったんだ。
うまく、いくんだって
頑張れば、がむしゃらでも頑張っていけば
なんでも光を浴びれるって
そう過信していただけだ。

思い通りにいかなくて
空き缶を蹴ったら
その空き缶はどこまでも飛んで行って
何度も空き缶を蹴ってどこまでも
どこまでも飛ばしてしまった。

やりたいことや求めることは
何一つかえってこなくて
思い通りにいかないことのほうがほとんどなのだ。

ねぇ、あの時のあの笑い声や大笑いは
本当だったんでしょう。
ねぇ、あの時頑張ったことは
本当だったんでしょう。

それでいいんだ。それであることは確かなんだ。

きっと、純粋な気持ちだったんだ。
うまく、いくんだって。
頑張れば、がむしゃらでも頑張っていけば
なんでもうまくいくんだって
そう過信していただけだ。

更新履歴 ピアノ即興

好き!1 投票)
読み込み中...

残暑

2022/08/12

ダウンロード YouTubeで聴く

入道雲が浮かんでいる。
ともに、ひぐらしと秋の虫の鳴き声が
吹き渡る風に運ばれてきた。
残暑の中、この夏に想いを馳せた。

更新履歴 ピアノ即興 水色

好き!1 投票)
読み込み中...

すこしだけ風がやさしくて

2022/08/10

ダウンロード YouTubeで聴く

風がカーテンを揺らしていた。
そこに腰かけて
いくつもののことを思い出してた。
何も言わず口を結び
ただ自分の中だけのことにした。
溢れ出そうな言葉の数々をしまっていた。
少しの風がやさしくて涙ぐんだ。
そんな毎日が、続いていた。

更新履歴 ピアノ即興

好き!1 投票)
読み込み中...

熱情の火花

2022/07/27

ダウンロード YouTubeで聴く

赤いりんごは
手の届かない場所で佇んでる。

手を伸ばそうとすると
すぐに転げ落ちて
喉の乾きは止まらず
咳込んでしまう。

いつもやっていることならば
上手く誰もが認めてくれた。

そのぬるま湯の中で生き続けることは
いくらでもできたけれど
私の心の中の熱が
あのりんごに手を伸ばそうと
必死だ。

誰もが取れないよ、と
冷笑した。

私の瞳の中の輝きがバチバチと
火花を放っている。

絶対に掴み取るまで
あきらめない。
絶対に掴み取るまで
この手を伸ばし続ける。

更新履歴 ピアノ即興

好き!2 投票)
読み込み中...

線香花火の僕ら

2022/07/03

ダウンロード YouTubeで聴く

夜のこと。
君と線香花火をしていた。
独りぼっちの僕らは
一緒にいても
馴れ合うわけではなく
ただ一年に一度
君が帰ってきた時
線香花火をするだけだ。

ピアノ即興 更新履歴

好き!4 投票)
読み込み中...

夏の別離

2022/06/25

ダウンロード YouTubeで聴く

「暑くて、眩暈がするんだ。」

君はそう言っていくつかの話をして
気が付いたらどこかへと消えてしまった。

暑くてまるで何も考えられない。
考えられなくてそれでよかったんだ。

何も言わず何も想わず
ただただひんやりとした浅瀬で横たわっていた。

更新履歴 ピアノ即興 黄色

好き!4 投票)
読み込み中...

空気のように漂う

2022/04/27

ダウンロード YouTubeで聴く

哀しいことは尽きなくて
その度いろんな感情や考えが入り混じって
混沌とした渦を巻いていて
私は外側からじっとその世界を眺めて
瞼を閉じて考えた。
深い哀しみが想像できないぐらいに
佇んで、それは一切誰も知ることができない。
哀しい争いは尽きなくて
剣を持った人が沢山傷つけたり
傷つけられたりして
私はそんな世界でただ傍観するように漂っていた。

更新履歴 ピアノ即興

好き!4 投票)
読み込み中...

四月の東京の雨はきれいだ

2022/04/25

ダウンロード YouTubeで聴く

外はどしゃぶりだ。両手いっぱいに
抱えた荷物に体は応えながら
モノレールへと飛び乗った。

外は湿気があるが冷ややかな風が
換気をしている車両の窓から
ひゅるららと吹いて汗ばんだ身体を癒してくれた。

「風、気持ちいいね」

どうしてだろう、雨の中、
東京の景色が空気は汚れていても
沢山のビルが並んで喧騒していても
美しい風景に心留めていた。

幾度に願った。
ここにまた来て沢山の人と関わることを。
幾度も夢見た。
こうしてまた来て、雨の中の
モノレールでもう何も車内の喧騒は聞こえず
ただただ、雨の街並みに見とれていた。

更新履歴 ピアノ即興 mono

Copyright© 君の音。 | 真島こころ公式ウェブサイト , 2022 AllRights Reserved.