• twitter
  • youtube

「色カテゴリ」 一覧

好き!2 投票)
読み込み中...

パラソル・トーキョー

2024/05/14

ダウンロード YouTubeで聴く

パラソルが揺れていた。
それは五月のこと。

忘れてたものを拾いに来た。
足跡がいくつも転がっていて
変わっていたものもあった。
そして変わらないものもあった。

やがて雨が降り始めた。
確かなあの日の記憶を、思い出していた。

新幹線のベルが轟く。
交錯する人達の喧騒がベルの音に混じった。

ここにいたから今私はこうして
笑っていられるのだろう。
そう言って、新幹線へ飛び乗った。
窓の向こうで君はおぼろげに笑っていた。
行かなくちゃ。

更新履歴 ピアノ即興

好き!1 投票)
読み込み中...

熱情の瞳

2024/04/30

ダウンロード YouTubeで聴く

絶望の雷は幾度もなく落ちてきた。
大ぶりの雨が叩きつける。
言い訳は何度だってしただろう。
叫んで泣いて怒って
その一瞬の日を幾度も憎んだ。
それは、呪いでもあった。
投げだしたら何も残らないから。
体や心が削れ果てても
どんなに絶望しても
気が付いたら手や足は動き始めていた。
これしかないんだって苦笑いした。
だって全てこれしかなかったから。
まるで呪いだ。
やめたくても、やめたくても
やめられない。
投げ出すことは簡単なはずなのに
それが出来ない。
どうしてかすがるように
しがみついて
気が付いたらまた私はここにいたんだ。
だってそうでしょう、
そのために、今まで生きてきたのだから。
動け。手を休めないで
足を動かし、言い訳なんてしないで
動き続けろ。
動き続けろ。

更新履歴 ピアノ即興 色カテゴリ

好き!1 投票)
読み込み中...

命を懸けて

2024/03/27

ダウンロード YouTubeで聴く

よくわからないんだ。
どうしたらいいか
どう進めば
全てを捨てたらいい?
やりたいことをあきらめればいい?
それとも全部やめたらいい?

何度も何度も頭を打ち付けて
叫んでは獣みたいに鳴いて
わからなくてわからなくて

幾年も彷徨い続けた。

それでも、それでも
続けたいって
雪が降り始めた頃
もう、期待なんてやめてさ、
力を抜いて、
結果なんていいからやり抜いていこうって決めた。
自分は才がないから、
才なんてこれっぽっちもないから
受け止めて
そっと、熱く表現していって
紡いでいった。

春のこと、君に私はこう言った。
「あきらめなくて本当によかった」

続けていたらいつかは……
期待はそれでもしない、
だけどちょっとだけど息ができるようになった、
才は相変わらずない
だけれど、やりたいことがあるなら
血を吐くぐらいやり続けるんだ。

ピアノ即興 更新履歴

好き!1 投票)
読み込み中...

熱を帯びた夜に笑顔でしなやかに

2024/03/04

ダウンロード YouTubeで聴く

前のめりになってがむしゃらに
どうしてもうまくいかなくて
叫んで手を伸ばして
届かなくてずっと届かなくて
だけど季節だけは巡っていった、
だけれど私はずっとそのことが好きだった、
やり続けたくて負けたくなくて
言い聞かせた。
私は、やり続けるんだと。
例え叶わなくても続けようって
何度も自分にいい続けて
ある時光輝く場所で私はそれを披露した
泳ぐように舞うように
自由自在に私は踊り続けた。
汗だくで、泥まみれなのに
何故だか私はすごく呼吸が出来て
本当に好きなんだって笑った。
足りないものだらけの私の踊りは
まるで滑稽だ。だけれど
すごく笑顔で好きなんだって思ったんだ。

更新履歴

好き!3 投票)
読み込み中...

氷が溶ける頃

2024/01/26

ダウンロード YouTubeで聴く

氷はやがて溶けて屋根から滴る。
そんな風に心も身体も
熱いものを取り戻し始めて
つらい気持ちが溶けてきた。

もうすぐ、春が近いから
自然と綻んだ顔で
手や足を動かして
それでいて楽しく
日々小さな幸せが沢山あったのだ。

心は氷のように。
やがて溶けゆくことを
信じて生きてきた。
今ならどんなことも疑わず
深呼吸して両手を広げて
過ごしていけるだろう。

更新履歴 ピアノ即興 水色

好き!3 投票)
読み込み中...

熱情は通う

2023/12/09

ダウンロード YouTubeで聴く

胸が痛くて苦しくて
平静を取り繕うとした。
落ち込んでいたって仕方がない、と
元気でやるのが一番だと、君は言うので
なるべく笑顔でいようって
泣いちゃ駄目だって
ゆっくりしてようと
外の息を吸いながら少しでも
泣かないようにって
笑って冗談交じりに貴方と喋って

だけれどこの熱い胸の内は
破裂しそうで
糸が切れてしまいそうだ。
このやり場のない苦しさを
鍵盤に込める。そうだ、いつだって
叫びたいほどの気持ちは
君が受け止めてくれるから
何よりの親友だから
君と今日は泣きあって
最後にやさしく笑った。

更新履歴 ピアノ即興

好き!5 投票)
読み込み中...

湖の詩

2023/11/30

ダウンロード YouTubeで聴く

湖にゆらゆらと光がぼやけた。
波立つ輝きに安心感を覚えた。
いつしかここに帰ってくることが
何よりの安堵を覚えた。
木々がざわめいて
私は身体中満たされて
沢山呼吸したんだ。

ピアノ即興 黄色 更新履歴

好き!3 投票)
読み込み中...

一瞬の風が飛んでいく

2023/11/11

ダウンロード YouTubeで聴く

夕暮れが海へと消えてく。
その風景を眺めてる私は
君の横顔を見て、こんなふうに
ずっときれいな風景を
君の隣で見ていたいと願った。

あっという間に過ぎる秋の終わり、
冬の始まり。一年一年が
一瞬で過ぎて
風のように吹き飛んでいく。
明日も、明後日も。その次の日も。
きっとそんな風に
一瞬の風みたいに
飛んでいくんだ。

更新履歴 ピアノ即興

好き!5 投票)
読み込み中...

秋よ高鳴れ走りだせ

2023/10/03

ダウンロード YouTubeで聴く

ざわめく木々の中で
瞼を閉じて願っていた。
この胸の内の熱が冷めてほしいと。
すすきが揺れる。鈴虫が鳴く。
季節は秋に速度を変えていた。
涼しくなれば、荒れ狂うように
足や手を動かすでしょう。
高い雲が伸びて、夕焼けが
湖に沈んでいく。山へ、隠れていく。
秋になれば、いつだって
鼓動が高鳴るのでしょう。
あなたが望んだ季節だから
ゆるやかな運びも
全力で走って
走っていけるのでしょう。

更新履歴 ピアノ即興

好き!5 投票)
読み込み中...

やがて秋はやってきた

2023/09/23

ダウンロード YouTubeで聴く

オレンジやピンクのコスモスの
揺れる川沿いの道をゆっくりと歩いた。
傾き始めた日差しは川に反射し
揺らめく光がきらりきらりと輝いた。
ずっと先まで行けば
彼岸花が赤く道を彩っていて
すすきはやさしく揺れていた。

更新履歴 ピアノ即興

Copyright© 君の音。 | 真島こころ公式ウェブサイト , 2024 AllRights Reserved.