• twitter
  • youtube

「紫」 一覧

好き!5 投票)
読み込み中...

2018/08/04

ダウンロード YouTubeで聴く

/YOUTUBE版

その容が完成したとき
わたしは大層よろこんだそうだ、
だけれど次の瞬間には
粉々に紙をやぶったそうだ、
そして最後には夜の空を走って
水槽の中で溺れた。

また、こんなにもむなしい夜空の中に
漂っている、とてもつらい、
その容は本当にきれいだったのに
その容に満たされていたのに

苦しいほど今はその容をまっすぐ見れない、

更新履歴 ピアノ即興

好き!6 投票)
読み込み中...

紅いツツジは言った

2018/07/09

ダウンロード YouTubeで聴く

紅いツツジが見事なまでに咲いていて
そこでただただぼうっと
立ち尽くしていた。

抗うすべもなく、滑り落ちて
またこの場所ではいくらか吼えることもあった。

簡単でしょう、ただこなすのなら
ただ毎日繰り返すのなら
ただ痛むだけなのなら

叫びたいことは幾度もあった。
だけど叫ばなかった。

そこで紅いツツジが私を見ている。
雨に濡れながら、ただただ向き合っていた。

更新履歴 ピアノ即興

好き!8 投票)
読み込み中...

repent

2018/06/21

ダウンロード YouTubeで聴く

溶けてしまいそうなぐらい眠りにつきたいときでも
あなたは私の中にずっと棲んでいて
夢の中で軽やかにタオルケットをかけてくれて
何も悔いのない笑顔で
許しをくれた。

更新履歴 ピアノ即興

好き!5 投票)
読み込み中...

水になるとき

2017/11/25

ダウンロード

/動画版

幸せが誰かを苦しめるときは
心は水のように、ただ透明で
微かな温度だけでよいから
“無”になって水中をゆらゆらと漂っていたくなるのだ。
苦しくはない、ただ自分や世界を傍観しているだけ。

ピアノ即興 更新履歴

好き!1 投票)
読み込み中...

レヴィアタンの海 ver.short

2017/10/13

ダウンロード




審判の日。海の支配者は荒れ狂うように波の上を
勢いよく突っ切れば、海は割れるようにして
閃光を放っていた。レヴィアタンの在る処に
悪魔の光宿る。


☆Kyocmp様主催、壮大コンピ「ONNUEHO5」より
参加させて頂きました楽曲のデモです。
2017/10/29 秋M3、[N-22a]ブースにて頒布されますので
是非特設サイトもチェックくださると幸いです!


楽曲は海の悪魔とも呼ばれる、レヴィアタンという
ドラゴンをイメージしました。
嵐の中の海の上を、光の閃光を帯びながら
飛んでいく、という曲設定になっております。

更新履歴 ピアノ即興

好き!7 投票)
読み込み中...

雨粒の世界で出会いましょう

2017/09/12

ダウンロード

打ちつけた。たたきつけるように
ぴしゃり、と雨粒はアスファルトを踊った。
窓硝子だって曇らせてぼかしていく、
部屋の中は暗い、そういうときは
感傷的になるでしょう、

だから踊り荒れ狂う雨粒をながめて
心だけひゅるりと旅に出るんだ
風に乗って、君と踊った、
ぱち、ぱちと手をたたきながら
足は、とん、とん、とリズムを取って

加速する風景の中で
窓辺の中に世界がある。

その窓に吸い込まれるようにして
悩ましいことも
雨粒に委ねて。いつまでも
踊ればよいでしょう、

更新履歴 ピアノ即興

好き!10 投票)
読み込み中...

存在なら消した、風なら吹いた。

2017/09/06

ダウンロード

山吹の風は吹いてきた、
夜、トンネルから抜けてからも
眩暈がした。何も照らすものはなかった、
光を持っていたとしても
それは、”光”ではなかった。

それならば、風に溶けてしまえ
何ともないことで、くよくよしてしまうのなら
自分など存在のしない感覚で
生きる実感を捨て
ただ、手を動かして足など踏んでしまえ、
いない、いない、ここにもそこにも
あしたにもいない、
どこにもいないならだいじょうぶだ。

更新履歴 ピアノ即興

好き!6 投票)
読み込み中...

途端、雷とともに雨は降りだした

2017/08/24

ダウンロード

ピシャリ、と刺々しい雷が
風景を白、それから黒に
染めて。すぐそこまで追いかけてきた。
渦を巻いている大きな雲も
少しずつ勢いを増している、
息が苦しいぐらい湿度は高く、
体は動かない、雨が降り出してきた、
逃げられない、
その風が近づく、雨音は叩き付ける、
息を呑む、瞬間、走り出した。

更新履歴 ピアノ即興

好き!6 投票)
読み込み中...

風に溶け込む

2017/08/09

ダウンロード

「秋が、近い。」

樹木がきらきらと光を帯びている、
その光はやがて秋へめぐっていくようだ。
いくつめぐっても
問いかけたことの答えは出なくて
涼しい風はそんなことさえ
どうでもよいと思わせてくれた。
今はただ、時の流れに
さからうこともなく
ただめぐる季節に、漂うに身を任せるだけ。

更新履歴 ピアノ即興

好き!12 投票)
読み込み中...

helpless

2017/07/10

ダウンロード

動画版

在る言葉すべてを凍らせて、
旅人は世界を辿りながらこう言う。
「この世にほんとうに必要な言葉など無い」
と。

更新履歴 弾き語り

Copyright© 君の音。 | 真島こころ公式ウェブサイト , 2022 AllRights Reserved.