• twitter
  • youtube

「桃色」 一覧

好き!6 投票)
読み込み中...

春は、こぼれた。

2015/03/24

ダウンロード

やわらかく、風がそこに吹いた。
赤い自転車を走らせば、さくらのように雪がこぼれた。
ひかりがあちこちで春を知らせるように、招いていた。
穏やかなその風景を、なんて呼べばいいのだろうか。

「春」だ。

そこに春がこぼれるので、私はまた自転車を
滑らせるように走らせてゆくだけ。

更新履歴 ピアノ即興 桃色

好き!10 投票)
読み込み中...

光のレール

2014/12/12

ダウンロード

15時36分。電車に、沈みかけた光が雲の隙間から
射しこんでは、揺れたのだった。
ガタン、ゴトン。繋いだ手が暖房の効いた車内では汗ばむ。
少しだけ背伸びした足元には、鞄が置かれていた。
もうすぐ、もうすぐだね。光を帯びた電車が陸橋を走る。
ぬるま湯の中にいるようだった。二つの影が
時間とともに伸びていく。

更新履歴 桃色

好き!10 投票)
読み込み中...

幸せになるために出発した

2014/10/16

ダウンロード

「延長戦、終了だね」

憧れの地で、まるで夢を見ていたかのようにも思えた。
つらさ感じて涙を流してしまうことだって、
それもうれしかったんだ。
この時よくわかった。痛いほどにわかった。
自分がこの世に生まれてきた理由がわかった。
人は人を愛して、愛されるために生まれてくるんだと、
わかった。

- 強く、心を持って生きよう -

飛行機の中で憧れの地を、いや…あなたの地を見つめた。
だんだん遠ざかっていく。
これでもかというぐらいに遠ざかっていく。
やがて空が白い雲で景色は消えていく。見えなくなっていく。

私は決めた。新しい世界へ、行ってきます。

更新履歴 桃色

好き!8 投票)
読み込み中...

考えなくても、よいことばかりだった。

2014/08/02

ダウンロード

「―――――――――――――――」

更新履歴 桃色

好き!10 投票)
読み込み中...

夢見るサカナ

2014/07/22

ダウンロード

怖いことを思い出したので、目をぎゅっと瞑った。
空中をさまように、腕を掻き回して部屋を泳いだ。
気が付かないまま、空想の世界にふける。
ピンクやエメラルドの魚と一緒に泳いで、
ずっと、旅へ出た。

海を抜ければ、風鈴がチリンと鳴る街へ来た。
楽しく過ごす”外”での自分は、まるで自分じゃないみたいで
しばらく自分を忘れるようだ。

「もう、自分のことなんて忘れて生きよう。」
のぼる、のぼっていく。感覚が消えていく。
風景はスローモーションのように動く。トートバッグに、
現実をいっぱい詰め込んで、ハンカチをかぶせて
見えないようにした。
いっぱい息を吸って、潮風を感じながら泳いでいった。

それは日曜日のこと。

更新履歴 ピアノ即興 桃色

好き!4 投票)
読み込み中...

よわむしだね

2014/06/16

ダウンロード

ブルーベリーのクッキーをむさぼって。
カーテンを開けた。朝だ。
今日もだれもいない世界へと、こころを移した。
そこは、だれかが入っては、いけないところ。
こころの、還る場所。水辺、
透き通った水に音も立てず静かな光がまざる。
砂糖の入れない、酸味の強い苦手なヨーグルトを
椅子に座って食べた。朝だ。
雪がちらつく歩道をただ、歩いた。学校の、
カーテンに隠れた。

更新履歴 桃色

好き!4 投票)
読み込み中...

桃色の栞 - ver. short demo -

2013/11/25

ダウンロード

ふわりと、ほのかに色づくピンクが少しだけ見えて、
胸がこそばゆくて、
ずっと時間が止まってればいい、と願った。
綻んでは、頷いて。
そうやって、あっという間に過ぎてしまって。



☆2014春M3に出展の際に出す、
製作中のアルバム「朝を終えるために」より。

マスタリング:nakyamo

更新履歴 桃色 アルバム視聴デモ

好き!6 投票)
読み込み中...

そらのゆめ

2013/11/06

ダウンロード

太陽が雲の狭間で落ちていく。
音楽がゆれた、朝の夢がゆらりと、ゆれた。
心はあの空の中に溶けた。
ほんとうに、うつくしいものは、
こんなに近くで世界をやさしく、包んでいて、
「哀しいことなんてない」と諭していたんだ。

更新履歴 桃色

好き!20 投票)
読み込み中...

しあわせ

2013/10/15

ダウンロード

どんなに楽しいことがあっても、
それは終わってしまって。過ぎていくんだ。
「しあわせが、いつまでも続くとは思わない。
でも、今あるしあわせが、未来に生きる光を射してくれるんだ」
今を大事に。過去を大事に。
どんなに苦しい絶望の日が来ても、思い出しては生きて。

更新履歴 桃色

好き!5 投票)
読み込み中...

ある朝のこと

2013/09/25

ダウンロード

朝が来たから、起きるんだよ。
と、やさしく笑う君は
ほんとうに朝みたいなのでした。

ぼぅっと、窓の向こう側に目をやると
今日をはじめていく人たちが、ほら、
たくさん歩きはじめていて。

更新履歴 桃色

Copyright© 君の音。 | 真島こころ公式ウェブサイト , 2021 AllRights Reserved.