• twitter
  • youtube

「mono」 一覧

好き!11 投票)
読み込み中...

境界線の日

2017/10/04

ダウンロード

呪いをすべて包み紙にくるんで
そっと紐でむすんで
もう絶対に手の届かないところまで
葬った、季節はするすると
坂道をすべっていくように
下り坂だ。
迷いはない、それなら早足で
いつもの自分らしくなく
後ろを向かず歩いていきましょう、
対話をやめずに
つらいことでずっと落ち込まないぐらいに
せわしく生きてゆけば
なにも気に留めないでしょう、
時の流れよりも早く、足をうごかして。

更新履歴 ピアノ即興 mono

好き!3 投票)
読み込み中...

虚像 ver.short demo

2017/04/01

ダウンロード

見ているもの全ては…――――。

☆収録曲より。現在アルバム「泣かない」を製作中です。
紺・灰・水・桃・白色を基調とした
かすかに水の音がきこえるようなピアノ曲集を目指します。

Artwork:素敵なゲスト様より。(お楽しみに。)

更新履歴 黄色 mono アルバム視聴デモ

好き!6 投票)
読み込み中...

鏡の世界

2017/01/31

ダウンロード

辺りは一面と自らを映し出す鏡の世界で
進んでも進んでも鏡の中に自分が、
そして鏡の中に鏡が向こう側へ通り抜けるみたいに
映し出された。映し出された自分の表情は
まるで心までも見透かされたみたいで
どこまでも逃げるように駆けた。

更新履歴 ピアノ即興 mono

好き!10 投票)
読み込み中...
好き!3 投票)
読み込み中...

朝焼けの、君へ

2016/05/08

ダウンロード

いくつもの時が流れた。
かけがえのないものの大切さに気づいて
支えられていたというそのことにも気づいて
自分もそんな風に星を渡して返していけたらと
願った。海の音が聞こえた、あの子はまだ泣いている。
あの子の気持ちがよくわかるから
私はしゃがんで、やさしく見守った。
あの子の時間がまたいくつも流れたとき
あの子は星を渡す人になる。

更新履歴 ピアノ即興 mono

好き!3 投票)
読み込み中...

春が、好き

2016/03/03

ダウンロード

春の陽気が心に元気をくれた。
こんな日は思い切って出かけよう。
篭っていた自分の体と心を、伸ばして
雪解けの世界へとつま先をつけた。
風のやんだ道で、裸の桜に生まれた新芽を見つけた。

私は春が少し前まで、得意ではなかった。
じんわりと溶けていく季節は
過ぎ去った桜の木のことを思い出させたからだ。

春の陽気が今は心地よくて
こんな日はどんなことも初めに戻るみたいで
思い出したくないことも春の幻に流されていくみたいだ。

ゆこう。また巡る季節に会いに、ゆくんだ。

更新履歴 ピアノ即興 mono

好き!3 投票)
読み込み中...

冷たい春

2016/02/08

ダウンロード

愛しくて、さびしくて、怖くて、疲れ果てて。

更新履歴 mono

好き!10 投票)
読み込み中...

雪のまなざし

2015/11/28

ダウンロード

それは、ひとりの寂しさのようにも思える。
朝の光が、雪に反射して眩しかった。
だけれど、心地よい。こんなに光に当たるのは
なにもかも、溶けていくような感覚。
屋根から雫がぽたりぽたり、と落ちて
体や心の中にある苦しさが癒えていくみたいだ。

更新履歴 ピアノ即興 mono

好き!11 投票)
読み込み中...

夜のみぞれ

2015/10/14

ダウンロード

それは夜のこと、降り続けていた小雨は
じんわりと雪に変わって、地面を濡らした。
遠くでは、踏み切りの音、
そして、列車の通過する音が聞こえた。
冬の匂いがいっぱいした、僕は立ち止まって
静かな足音を鳴らした。

更新履歴 mono

好き!10 投票)
読み込み中...

真夜中の12号線 ver.2015

2015/09/25

ダウンロード

誰もいない国道の真ん中、ライトが照らしていた。
近くでは踏み切りの音が鳴っている。
ウインカーをチカチカと点滅させる車が止まっていた。
そこには、誰も知らない物語がある。

☆2008年MIDI製作「真夜中の12号線」より。(MIDIリンク)
元々のMIDI用の曲ということもあり、
演奏として公開するのははじめてのことでした。

更新履歴 mono

Copyright© 君の音。 | 真島こころ公式ウェブサイト , 2021 AllRights Reserved.