• twitter
  • youtube

「青」 一覧

好き!4 投票)
読み込み中...

虚無の夜に寄せて

2017/05/08

ダウンロード

動画版

歌詞

月が出た、君が言った、
「もう何も欲してはいけないよ、」と。
哀しみの地平線に
ゆらり、幻を見た

朝が来た、幼い私は
面白くなさそうに 指を絡ませた
朝焼けの水面の行方は
だれも、知らずに

更新履歴 弾き語り

好き!4 投票)
読み込み中...

龍宮町は海の底 - image music -

2017/02/14

ダウンロード

「龍宮町は海の底」
龍宮町は海の底イメージ曲[download id="627"]

「出発の地平線」(最終話イメージ曲)
出発の地平線[download id="628"]

"長い海の底で、眠っている町。龍宮町。
黒いベールに包まれたこの町で、
ふたつの足音が聞こえる。"


☆漫画家宵町めめ先生よりコミックガム様にて
配信中の連載漫画「龍宮町は海の底」二次創作曲になります。
海底の町を舞台にされた、切なくも繊細な
ファンタジー作品です。

こちらのイメージ曲のひとつは、公式様でも
第一巻のPV曲としてご使用を頂きました。

宵町先生の描かれる、水の世界で
繰り広げられる壮大なストーリーは胸を熱くさせます。
第一巻は 各書店様にて発売されております。
第二巻も近く発売される模様ですので
この機会に是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

更新履歴

好き!19 投票)
読み込み中...

disposable

2017/02/06

ダウンロード

諦めた心の中で、ふつふつと湧き上がる
期待など、沸点に達せば
どん、と大きな音を鳴らしながら
消滅してしまうほどの脆さ。
溜息ばかりつく、
そうして今日も熱い心を打ち込んで
消耗するように倒れるだけ。

更新履歴 ピアノ即興

好き!10 投票)
読み込み中...

月は喰う

2016/11/23

ダウンロード

その人のうしろに白い眩い月が
背負うようにして じわり、と現れて
その人はゆらり、と影になって
身体は動けなくなり
心はうばわれて
恐ろしくても 何故かその姿を
みていたい。

更新履歴

好き!15 投票)
読み込み中...

夜明けの心よ、前を向きなさい

2016/11/02

ダウンロード

目の前に、かなしいゆらめきが
輝いていて、電車に揺られながら
車窓からその景色を眺めている。

なぜか私はいつの間にか
どこにもいない自分の世界へ
吸い込まれてしずんでいた、

なぜだ、手を伸ばしても
自分のことなど小さいものだ、
なぜだ、胸をぎゅっと掴んでも
こんな小さな狭いこころに

溢れるほどの光がこぼれた。

目の前に、かなしいあなたの姿が
ぼうっと立っていて
私はあなたに触れるのすら怖くて

それでも夜は明けて

なぜだ、こんなに、苦しくても
つらくても。どうしようもなくても。

あなたと一緒にいたい、だなんて。

更新履歴 ピアノ即興

好き!8 投票)
読み込み中...

愛しさと苦しさ

2016/08/05

ダウンロード

なにかがあったわけじゃないのに、
こんなに苦しいのはなぜだろう。
暑くもなく、今日はとても涼やかな風も運んでいたのだ。
頑張って作ってくれたご飯すら一口も入らない。
見るもの全てがまるでどこか遠くから眺めているようで
声も出なくなっていた。

なにに対して想っているのだろう。
それすらもわからないまま、ただ漠然とした
愛しさと苦しさを抱えた。

自分のことは自分で感じるもののはずなのに
自分の感じることすら
よくわからなくて

年を重ねて枝分かれして色んな感情が芽生えて
私には言葉にできない想いが溢れる。

愛しくて、苦しくて、
カーテンの揺れる風景の向こうで
鳥の鳴き声や子供たちの声がして
美しくてぼんやり眺めていた。

更新履歴

好き!19 投票)
読み込み中...

記憶の地平線

2016/02/12

ダウンロード

白き、淡き ぼんやりとしたゆめを見た。
どうしてか涙がとまらなくて
目をぎゅっと瞑るのだった。
思い出したくないこと、思い出すたびに
記憶はさらに記録されていく気がするのだ。
時間が経っていくうちに 薄れていくと思っていた、
だけれど鋭い刃みたいな光が いつだってやってきて
深く深く 呼び戻される。

更新履歴

好き!20 投票)
読み込み中...

静かな海の墓場

2015/12/04

ダウンロード

(通常版)
静かな海の墓場[download id="523"]
(効果音無版)
静かな海の墓場(ver.効果音無)[download id="524"]

静かな海の中で瞼をとじていました。
その日は晴れていたように記憶しています。
水面には光がゆらりと泳いでいました。
抗うことなく、沈んでいくその様は
まるでこの時のことを知っているかのようで
口元には微笑みがあるのでした。


☆効果音無版のみ、素材利用可です。
効果音入りの通常版のご利用はご遠慮ください。

更新履歴

好き!13 投票)
読み込み中...

月が佇む

2015/09/30

ダウンロード

数え切れないほどの星が浮かんでいる、
ともに、やさしく見守るお月様が佇んでいた。

見つめ返せば吸い込まれるような光の膨張が
心をうばっていくようだ。

いつもと同じようで、すこしちがう、
あなたの表情を、瞳にやきつけて。

更新履歴

好き!12 投票)
読み込み中...

夜の雨

2015/09/28

ダウンロード

こんな夜は、なにも考えないで
ただ、雨音を聴いて、明日のことなんて思わずに
寝転がって、瞼をとじるだけ。
心の中を洗い流すように雨に委ねた。
しとしとと降る雨の中に、ひとりだけ。

更新履歴

Copyright© 君の音。 | 真島こころ公式ウェブサイト , 2024 AllRights Reserved.