即興ピアノ曲の真島こころ公式ウェブサイト

今年の夏、さよなら(7つの調べ)

全7曲構成。

(訪れ)

mp3ダウンロード


22度目の夏を迎えた。風はなく、蜃気楼には遠い。
アスファルトに熱がこもって、僕の視界もやがて溶けていく。
入道雲はゆっくり流れていた。時間もそうして流れては、いく。
誰かの手を放しても、誰かに手放されても、
遠いどこかで誰かが殺されても、
病で誰かが死んでしまっても、
流れていくんだ。

夏も、見えない風も、
僕も、
石ころも、明日も、今も、くだらないことも。


(過去)

mp3ダウンロード


紙ヒコーキ、飛ばしたね。夏の匂いが、したね。
川、落っこちたのは、私の心だったの。
トンボが、かなしくおよいでいるのは、夏だから。
身体中感じるのは、夏という温度や湿度、
耳を澄ましたらきこえる音。

また、もう一度、手紙を書いて、
あの川に紙ヒコーキ、飛ばしますね。
覚えていてください。


(日々)

mp3ダウンロード


あっ、動いた。動かないで。シャッターを切る。
レンズに写った君の顔、おかしい。思わず、笑ってしまう。

夏はだんだん、だんだん苦しいほど、暑さを増していく。
冷房の効いてる場所で、冷たい水をくちに運ぶ。

レンズにおさめた時はずっとずっと、夏のままなのにね。
ずっとずっと、そのままなのにね。


(倦怠)

mp3ダウンロード


気だるさ、嫌気のさすような、明るすぎる光。瞼を閉じる。
食欲もなくなってきている。
それでも動いている、時間と太陽と、
聳える雲と、光も、僕さえも。
だんだん、だんだん、この暑さにも慣れてくるんだろうか。


(焦燥)

mp3ダウンロード


カレンダーめくり忘れてるよ。めくっておこっか?
海に溺れたような息苦しさ、
視界には君がいる。セミが鳴いてる。
うるさい。セミが、君が、うるさい。うるさい。
泡を吹きそうな、気持ち悪さ。
風が開けっ放しの窓から吹いてきた。
カレンダーがめくれる。めくれて、
また先月のページに閉じられた。


(幸福)

mp3ダウンロード


「―――――――――――――――。」


(終り)

mp3ダウンロード


その日は雨。22度目の夏の終りの音は、聞こえている。
雨も、流れていくんだ。
僕はもうすぐ、こんな風に夏を過ごすのは最後だとか、
思ったりするんだ。

雨はいつだって、やさしい。
雨はいつだって、つめたい。
雨が止んだら、また僕は、流れていきます。

これらの文章を読んでくださって、
もしかしたらわかる方いらっしゃるかもしれませんが、
僕、夏が好きなんです。

カテゴリ 更新履歴, 過去作品 |