即興ピアノ曲の真島こころ公式ウェブサイト

小バナ

新作アルバム「少女の海から」特設本サイト&DEMO-PVを公開しました。

2016/06/03

(ティザー前記事はこちらより)

2016年6月17日~19日に開催
ネット音楽マーケットイベント
「APOLLO」第四回にて初リリース予定の
新作アルバム「少女の海から」特設本サイト
OPENしました。




また、それに合わせてDEMO-PVも公開しました。

同じくイラスト担当をしております、
「東北東、十七の空」でお世話になりました
Merrill Macnautさんによる
美しいDEMO-PVとなっております。





DEMO-PVの方は是非画面の大きいサイズでも
見ていただきたいDEMO-PVとなっております。


今回ミニアルバムということで製作してきましたが、
Macnautさんが自主的にも
このDEMO-PVのために何枚も新しく描きおろしてくださり

むしろこちらが本編なんじゃないかというぐらい…笑
素晴らしい、圧巻のPVとなっております。


以前、「東北東、十七の空」にて
その美術の美しさには感動を覚えた記憶がありますが

今回、真島への提供作品ということもあって
「東北東、十七の空」とはまた全然違った
美術にて描かれております。

自分の今回のCDの世界観を大切に、大切に
汲み取って、描いてくださりました。

今回、海を舞台にしているので、そこで描かれる景色は
ある意味で、狭い範囲内、海だけの景色なのですが
“朝焼け”や、”春の海辺”、”夕焼け”など
時間により、その景色は実に見事に移り変わります。


Macnautさんは現在も劇場アニメーションのスタッフとしても
活動されてまして、今回ご依頼させて頂いた事
恐縮ながら、本当に素晴らしい作品が
出来上がったなと思っております。


去年、皆様のご支援も頂き、
購入させて頂きましたタブレットの方も
イベントでこのPVを流すことが出来ると思うと
幸せで仕方が無いです。
(大きい画面で、会場内でもお見せできますよ!)
その節はありがとうございました!


このアルバムの軸(ベース)となる物語は
もう何年も前より書いてきたストーリーなので

何年も思い浮かべていた舞台がこうして
一種のアニメーションのような形で
形にして頂けた事は、なんというか
活動してきて、作品を作ってきて
その中で一番物づくりを続けてきた甲斐があったなとも
感じました。

海小屋A (2)-rahu
(映像中のカットのために、
起こしてくださったラフの一部です)

大変お忙しい中、Macnautさんより
メインのジャケットイラストもそうですが
本当に何パターンもラフを作成頂いたり、

ご姿勢としても、自分も見習う部分、
勉強させていただく部分があり、
作品もそうですが、その作品に対する
姿勢、それから気持ち、心意気、
妥協のなさ、そして自分自身への厳しさも、
やはりすごいお人だなと
強く、感じました。

自分にはその辺りが足りないなと
自分の未熟さについても、改めて感じて、
こうして提供作品へ
これだけの力を注いでくださった
Macnautさんに続いて活動していけたらと
強く、思いました。

本当にイラストもPVも、
壮絶な程の、お時間をかけてくださり、
作って頂きました。

是非、見てくださるとうれしいです。


また、DEMO-PVでは、がおさんによる
美しいボーカルや、Rist.NSさんによる
音の心地よさを感じるボーカルミックス、そして
マシューさんによる安定感のあるマスタリングも
試聴として聞くことが出来ます。

特に、ボーカル曲のタイトル曲は
一番聞いてほしいところを、試聴に持ってきたので、
試聴だけでもまずは楽しんでいただけたら幸いです。

がおさんによる、サビは特に必聴もので…
私も最初確認したとき、体が震えるようでした。

声の伸ばし方や表現の力に
身体中を駆け巡っていくようで
素晴らしいです。


今回、ティザーも特設サイトも
2年程前に買ったAdobeのlllustratorを
ようやく実践として、使用しまして
デザインを自分で施しました。

ジャケットの方などロゴもそうなのですが

こんなにも大変な作業なのだな、と
前々からわかっていたつもりでも
実際にコーディングまで行うと
その大変さがわかり、今まで旧作で
デザインを御願いした方々には
ますます頭が上がりません。

サンプル

DSC_1087-2

サンプル20160522-22

また、特設デザインのコーディングには、
今回わからない部分を、「雪の鳴る街へ」にて
サイトデザインを担当くださった
真中ユエさんにご相談させて頂きました。

お忙しい中、わかりやすく丁寧に
教えてくださりました。
本当にありがとうござました…!

改めて、コーディングは自分一人では
まだまだ先が遠いことを感じ、
勉強しつつも、コーディングのみでも
どなたかに御願いする方法を
次回は取ってもいいかもなと思いました。


今回のアルバム、ミニアルバムとはいえ、
結構作ってみると大掛かりなアルバムに
なってしまいました。

とは言え、今までのアルバムよりかは
自分らしくも、そうではないような
アルバムになったんじゃないかと思います。

アルバムを作るたび、ここはこうした方が
よかったな、なんて反省したり、
改めたりするんですが

今回はある意味であまり枠に捉われ過ぎず
ピアノの旋律、それから効果音などを使い
舞台設定も最初からあまりまとめすぎず

音楽としての良さも出るように
縛られすぎず、自分らしく自由にやってみたつもりです。


アルバムごとに、テイストの違いは出ますが、
今回のアルバムは特に、物語を書く人にとって
なにか浮かぶような作品なんじゃないかと
個人的には思ってます。

今回はあえて、文章や言葉に頼らず、
PVもあえて、言葉を少なく
ブックレットもほぼ曲目だけで、
勝負してみました。

言葉はあえて取っ払った作品ですが
今まで以上にきっと色んな愛情が
この作品へとぎゅっと詰まっております。

そのため、スタッフさんにも
沢山注文して申し訳なかったですが、

自分の追い求めてきたような作品が
ようやく出来上がりました。



発売まであと15日も切りました。
3月からの製作でしたが、
非常に今回、曲構成としても
まとまったんじゃないかと思います。

ミニアルバムということで、いつもより
少ないトラック数ですが、1曲がそれ以上に
凄く長いので聞きごたえはあるかと思います。

是非、通販でも、イベントでも、
より多くの方に、このCDが届きますように。