• twitter
  • youtube

更新履歴 弾き語り

小さな君を連れていく

更新日:

好き!3 投票)
読み込み中...

小さな君を連れていく

2013/12/23

ダウンロード

歌詞

孤独が、終わる音がきこえる。
でも、耳をふさいだりして、空を見て泣いた。

まるでそこにいることが、安心するから。
まるでそこで生きることが、なにも希望がなくて
がんばらなくていいから。

でも、もうそれは、だめなんだね。

「また、あなたにも、
 がんばる時間がやってきました。」

降りそそいだのは、新しい、夜明けから覚めた朝。

いくつもの哀しみは、どこに行くのかなって思ったけど、
抱きしめて、心の中で連れていくことにした。

長い、暗い朝が終わる。
暑い夏の焼き付ける日差しや、
風の音が怖い夜や、
心に刺しこむような雷のことを
思い出しては、瞼を閉じて。

祈りました。

更新履歴 弾き語り

-更新履歴, 弾き語り

Copyright© 君の音。 | 真島こころ公式ウェブサイト , 2021 AllRights Reserved.