即興ピアノ曲の真島こころ公式ウェブサイト

CDの通信販売のご案内

jkbig2

ナナカマドを唄いながら

「“思い出せば遠く、忘れたいほど近く…――――”」

ナナカマドに少しだけ雪が積もり始め 時々、雪は溶けた。
枯葉が舞った。ぶるっと震えるその風は、冬を告げた。

秋が終わり、空気は凛と張り詰めて
かすかに膨張した淡い空気が世界を包んだ。

思い出せば遠く、忘れたいほど近く記憶は
巡るたびにかえってくるようで

そんな思いも空っ風に吹かれて
一緒に季節はまた新たな景色へと塗り変わっていく。

通り過ぎゆく秋の情景とともに、
冬の淡い空まで辿りつけるように、言葉を拾うように
唄うように奏でました。

隙間風がそっと心に染みわたる、”秋の記憶”を
そっと呼びさましながら。

[試聴]

[曲目]
01.ナナカマドを唄いながら
02.秋の夢にひらり少女は踊った
03.落ち葉のしまう箱
04.鍵を開けてゆきましょう
05.風は吹いた、凍てつく路へ
06.始まる

[価格]
500円

[特設サイト]
「ナナカマドを唄いながら-ピアノ曲集-」特設サイト

通販リンク先

BOOTH
jacket-k

夏の日

風が冷たいのは、心が乾いているから
さらっと触れられて、こそばゆかった。
窓を開けたら勢いよくそばにあったものたちが
から、ころ、と、足元に転がって。
じんわりと、暑さがこみあげて。

夏の湿気や、乾いた心、
そして潤いの雨など、夏だからこその感覚を
ぎゅっと、6曲に凝縮したミニアルバム。

ひとつ、ひとつは、とても短いですが、
何度も聞く事ができるように、この夏という季節へ
焦点を合わせ、音の質感もやわらかく湿ったものにしました。

夏の、汗をびっしょりにした暑い日。
夕方になり涼しい風がやってきたときに。
美しい風景とともに、ドライブのひととき。
あなたが、つかれてしまったときに。

このアルバムを、きいてみてくださると、何よりです。

[試聴]

[曲目]
01.prologue
02.風、ゆらり
03.乾いた朝
04.雨の潤い
05.溺れて
06.epilogue

[価格]
200円

[特設サイト]
夏の日 特設サイト

通販リンク先

BOOTH
詩集:表紙-k

詩集「感覚記憶装置」

「音と、言葉と。そして、紙を愛する人たちへ。」

いつもはピアノを奏でて、音楽を作る私でしたが
ともに、そばには文字が一緒にいました。

この度、初めて 文字をメインとした詩集を、
地元のイベントで知り合った、
はらださんとともに、作りました。

派手なことや、凝ったことは、
特に一切していませんが、
文字のうつくしさが表現できたらと、思いました。

ささやかでありますが、QRコードより
その詩とともに作りましたピアノの音楽も
ご一緒させてください。

日々の記録を、そのままに、
一冊の文庫本となりました。

[紹介PV]
詩集「感覚記憶装置」紹介PV

[収録詩/一覧]
・乗車-ソラノキップ-
・ほんものさがし
・くもりぞらの、一滴
・午後四時過ぎの、公園
・そらのゆめ
・誰もいない夕暮れの図書室
・静かな河のほとりへゆきましょう
・遠き日よ
・溺れる魂
・冷たい春
・なにもいらなかった
・春の風はどこまでも吹く
・傷
・しあわせ
(すべて、楽曲とともに詩の方はサイトで展示している作品になります)

[スタッフ]
文・音・PV・デザイン・製作:真島 こころ
絵:はらだ
PV朗読:夏川 みわこ

[価格]
イベント価格:500円
通販価格:500円

通販リンク先

BOOTH
jk

少女の海から

「少女は今も海の中で夢を見ている」

静けさと、儚さ。少女は今も海の中で夢を見ている。
愛しさだって、やさしさだって、痛みだって
少女にはまだ残っていたんだ。

「フエラムネの向こう側」より一年弱、大きな挑戦の裏で
改めて、自分らしく作ることを思い出しはじめた春のこと。

かぼそく、儚い世界を、
ピアノだからできる旋律で歌うように、愛しく表現しながら。

そうして、このアルバムは生まれることとなりました。

[試聴]

[曲目]
01.春の海辺にて
02.溶けゆく朝
03.あなたのやさしさ
04.美しくも醜いのなら
05.少女の海から feat.がお
06.泡沫へ

[スタッフ]
ピアノ演奏・作曲・声 / デザイン / 統括:真島こころ
ボーカル / コーラスアレンジ:がお
ボーカルミックス:Rist.NS
マスタリング:マシュー
イラスト/映像:Merrill Macnaut

[価格]
イベント価格:500円
通販価格:500円(+送料代)
通販(DL版価格):500円

[特設サイト]
少女の海から 特設サイト

通販リンク先

BOOTH
あきばお~こく
fue-jk

フエラムネの向こう側

「ねぇ、少しだけここにいてよ。お兄さん」

フエラムネを吹けば、広がるような大空に
蒼と檸檬の二色が吹き渡るように混ざる。

港の近くで潮風とともに走る青年。
倉庫群の中でじんわりと汗をかいていく。

船の汽笛が鳴った頃、風のように笛の音が聞こえた。
ちいさい人影が、手を伸ばして、ひっぱった。

しばらく風が止んだ頃、海鳥たちが傾げた。
その先には、ひとつの扉。

ソーダ味をカリッと砕いて、少女がにこりと笑った。

ノスタルジック且つ、ドラマティックな物語風CDが
漫画家・宵町めめ氏による
漫画風ブックレット同封となって登場です。
切なく語りかける、真島こころの新境地をお楽しみください。

[試聴]

[曲目]
01.プロローグ – はじめまして -
02.銃声。走る少年
03.柔らかい青の夜明け – voice music -
04.少女の部屋
05.真夜中に咲く一輪の花
06.フエラムネの記憶
07.港の近くの小さな洋食屋
08.フエラムネの向こう側 ver.guiter arrange
09.檸檬の海 feat.ふうかまりを
10.僕達は埠頭に腰を下ろす
11.色付く、夕焼け
12.遠き日の私達は歌う
13.少年が行くこと、少女は知っていた
14.フエラムネの向こう側 feat.ming-zi
15.エピローグ – おかえりなさい -

[スタッフ]
制作・物語/作曲・作詞・ピアノ/ボーカル・朗読:真島こころ
ギター・編曲/ミックス/マスタリング:高岡兼時
ボーカル・朗読:ming-ziふうかまりを
声/キュウ役・朗読:井上日夏
声/大野大地役・上島祐介役:剣芯也
イラスト:宵町めめ
デザイン/映像:雛瀬シズキ

[価格]
イベント価格:1000円(2016.06-価格改定)
通販/パッケージ版価格:1000円(2016.08-価格改定)
通販/データ版価格:800円

[特設サイト]
フエラムネの向こう側 特設サイト

通販リンク先

BOOTH
あきばお~こく
jacket

雪の鳴る街へ

それは、やさしく淡く、溶けていくのでした。

舞台は小樽。少年は、そっと、やさしく、少女の手を引いた。
過ぎゆく時間は、淡く儚く、雪のように消えていった。
やがて記憶は、君の手を握る温度がかなしいほど、うれしくて
癒えていくのだった。白い世界で、ふっと目を閉じて。
ひんやりとつめたい風が吹く中で、雪が鳴るのだった。

冬の凍てつくような寒さに、
ほっと明かりが灯すように。物語風CDとなって登場です。

[試聴]

[曲目]
01.プロローグ
02.雪の鳴る街
03.のらねこニャーゴ
04.静かなる調べ
05.オルゴールの栞
06.過ぎゆく時間
07.染まる空は
08.暗がりに灯る想い
09.風の切符
10.エピローグ

[スタッフ]

企画統括/作曲・演奏・声:真島こころ
イラスト / デザイン:虎瀬くの
ゲスト作曲 / 製作補佐:Azell
マスタリング:マシュー
特設サイトデザイン:真中ユエ

[価格]
イベント価格:700円(2016.08-価格改定)
通販パッケージ価格:700~1000円(2016.08-価格改定)
通販データ版価格:500円(2016.08-価格改定)

[特設サイト]
雪の鳴る街へ 特設サイト

通販リンク先

246records
BOOTH
asaoe-index

朝を終えるために – ピアノ曲集 -

力強くも、せつなく、やさしいピアノの旋律。
音と絵と詩で楽しめる、16pフルカラーイラスト&詩集付。
黒トールケース仕様。
朝を終えるために、込めた想いを
ぎゅっとCDに大切にしまいこみました。

[試聴]

DEMO PV(YOUTUBEにて)

[曲目]
01. 君の音。- a prologue -
02. 静かな怒り
03. 桃色の栞
04. いつもの風景
05. 沈まない太陽
06. 今日はあめ
07. 私は道を歩く人
08. 月の子ども – the another story -
09. 空の海 – the second -
10. 朝を終えるために – an epilogue -

 

[スタッフ]

ピアノ演奏・作曲 / 統括:真島こころ
イラスト:
マスタリング:nakyamo
ブックレット・ジャケットデザイン:rico
特設サイトデザイン:4m*
DEMO-PV:宵町めめ

[価格]
イベント価格:1500円
通販価格:1500円(+送料代)
DL(通常)版価格:800円
DL(ハイレゾ)版価格:800円

[特設サイト]
朝を終えるために 特設サイト

通販リンク先

246 records(SOLD OUT)
BOOTH(データ版)
shasingaku

写心学

Episodes&MelodyのAzellさんと、
写真を5枚ずつ交換し、お互いが撮影した写真を浮かべながら
10曲のピアノ曲をつくりました。

味わいが違う二つのピアノの音を
写真に手をそえて、そっときいてみませんか?

試聴では1分たっぷりと、きくことができます。

DEMO PV(YOUTUBEにて)

[曲目]

01. 天使の瞳に映った世界
02. 華灯り
03. tell me
04. 空の標
05. 故郷に馳せて
06. 風がそよぐ
07. ひとひらの雨粒
08. 愛されし花
09. Green Horizon
10. 美しき夕陽は一瞬の煌めき

[スタッフ]

track1~5作曲:真島こころ
track6~10作曲:Azell

[価格]
イベント価格:1000円
通販価格:1512円(amazon)/1400円+送料(あきばお~こく)

[特設サイト]
写心学 特設サイト

通販リンク先

あきばお~こく
amazon
サイトサンプル350×480-2

pebble

2008年、当時、落書きのように録音をし始めて、早5年。
今回はそんな真島こころが、
その道の途中で出会った 絵描きの章さんと
音を彩る兼時さんとともに。

色彩の豊かなイラストと、
そして、これまで数々生み出してきた言葉たちを。

いっしょに、
ピアノの音色と楽しめるCDを製作しました。

16pの詩集&イラスト集付き。クリアトールケース仕様。

[試聴]

[曲目]
01. 届け
02. forgive
03. 雨を見ていた日
04. 夜の列車
05. 朝焼けのブルー
06. とあるエピローグ

[スタッフ]
作曲・演奏・言葉:真島こころ
イラスト・デザイン:
マスタリング:高岡兼時

[価格]
イベント価格:1000円
データ版価格:500円
(2014.10.01より、データ版の価格を改正しました)

[特設サイト]
pebble 特設サイト

通販リンク先

BOOTH (データ版)
sakura2

佐倉ユウナの上京・下 オリジナルサウンドトラック

重ねた時間、積み上げた意志。玄冬を越えて、春は蒼みを増していく。
——佐倉ユウナの上京・最終章、開幕。


製作とともに色付く季節の中で奏でる音色は
数々の一瞬から生まれた遠吠えのようでもあった。
作品に問いかけながら、精一杯の楽曲たちを
終幕まで、夢中になって描いていきました。

試聴(iTunesより)

[曲目]

01. 佐倉ユウナの上京・秋
02. そまりゆく時間
03. 芽生えた桃色
04. サブの眼差し
05. 視線の先に映るものは
06. 轟きの彼方
07. 後藤田雅夫
08. チャンスをください
09. Happy Birthday ver.Yuna arrange
10. はずむ笑顔
11. 転がるように言葉は落ちた
12. ざわめいた部屋
13. 鷹司の夢
14. 通話ははじまり
15. 見れない視界の中で、
16. 時間は過ぎて、
17. 熱は膨張していった。
18. 淀むような沼
19. 熱を灯した遠吠え
20. 佐倉ユウナの上京・冬
21. 水中より明けて
22. 痛いの、痛いの、とんでいけ
23. 淡い水音
24. とける想い
25. 星は咲く
26. 朝、春の匂い
27. ユウナと鷹司の帰省
28. 佐倉ユウナの上京 – two startings -
29. 桜咲く間の帰郷

[スタッフ]

企画・ディレクション:ミタヒツヒト
シナリオ:蜂八憲
イラスト:山本すずめ
音楽:真島こころ

[価格]
2000円(データ版)

[特設サイト]
佐倉ユウナの上京 特設サイト

通販リンク先

超水道自家通販(SOLD OUT)
BOOTH(データ版)