即興ピアノ曲の真島こころ公式ウェブサイト

ピアノランダム

掲載中にピアノ即興曲をランダムで10曲選びました。
お気に入り頂けましたらお気に入りをクリックして頂けると幸いです。



曲を色で探す

色をテーマにした楽曲をまとめています。お好きな色をどうぞ。

その他の楽曲カテゴリ

ランダム10曲

1 Star (1 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

夜の港にて

2010/05/16


mp3ダウンロード


陽が沈んだその夜、僕は座りこんで、港に居座る。
波が押し寄せる。港には誰もいない。
ただただ、僕は目の前にある海を、
見つめるだけで。

bgm14
1 Star (2 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

BGM作品 vol.14

2017/09/06

信じてきたこと

テヌート/スタッカート/哀愁/回想/昔話/秋/旅

mp3ダウンロード


闇夜に照らす

怪しい/ミステリアス/不思議/オーラ/魔術/夜/闇

mp3ダウンロード


決めたのなら

光/疾走/緊張感/決戦前/出発/RPG/決心

mp3ダウンロード


紫の光が誘う

ミステリアス/不思議/緊張感/不思議な空間/予感/不穏/何かが起こる

mp3ダウンロード


人形の笑い声

歪み/怪しい/ホラー/ダーク/愉快/笑顔/恐怖/旋律/裏/怪しい明るさ

mp3ダウンロード


揺らめく閃光

光/予感/予兆/始まる/緊張/何かが起こる/不思議/ミステリアス/SF/パワー

mp3ダウンロード


彼らはやってきた

息苦しさ/不思議/怪しい/心地悪さ/ホラー/歪み/展開/不穏/ミステリアス

mp3ダウンロード


夜に潜む人達

低音/月/静けさ/湖/なだらか/平坦/淡々/無機質/間/すきま風

mp3ダウンロード


何故なら私は、

過去/回想/高音/シリアス/悲しみ/切ない/苦しさ/白/終わり/孤独

mp3ダウンロード

asayake-j
1 Star (6 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
素材利用不可

朝焼けのブルー ver. the song

2013/09/24


mp3ダウンロード

歌詞

朝焼けが海を泳いでいるの
あたたかな世界
君の元へ 今日もゆく

朝焼けが君をしずめていくの
あたたかな世界
君の元から はなれゆく

今日は静かで
いつも静かで
波の音がきこえるの

今日は静かで
明日も静かで
鳥の泣く声がきこえる

朝焼けが海を泳いでいるの
あたたかな世界
君の元へ 今日もゆく

朝焼けが君をしずめていくの
あたたかな世界
君の元から はなれゆく

☆「朝焼けのブルー」テーマ曲を元に弾き語り製作。

彷徨う秋の心は始まっていた
1 Star (3 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

彷徨う秋の心は始まっていた

2019/09/05

mp3ダウンロード


/YOUTUBE版

「まだ、暑いや。暑いけど
 ときどき寒いや。」

体はついていかなくて心も
思い通りに動かなくて
もっと思うままに
生きていくことができたら
よかっただろう。

秋のはじめのこと。一人思いました。
どうしたらいいか、考えました。

reverb
1 Star (2 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

reverb – ver. piano short -

2016/01/15

mp3ダウンロード

まるで消えていくような記憶 それは銀色で
知らない世界で魔法みたいに、笑う
まぼろしだったみたいに 消えていくの
そう、消えていくの。

☆2014年製作多重コーラス歌曲「reverb」より。
ピアノソロのfullバージョンもそのうち公開予定です。

夢見るサカナ
1 Star (10 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

夢見るサカナ

2014/07/22


mp3ダウンロード

怖いことを思い出したので、目をぎゅっと瞑った。
空中をさまように、腕を掻き回して部屋を泳いだ。
気が付かないまま、空想の世界にふける。
ピンクやエメラルドの魚と一緒に泳いで、
ずっと、旅へ出た。

海を抜ければ、風鈴がチリンと鳴る街へ来た。
楽しく過ごす”外”での自分は、まるで自分じゃないみたいで
しばらく自分を忘れるようだ。

「もう、自分のことなんて忘れて生きよう。」
のぼる、のぼっていく。感覚が消えていく。
風景はスローモーションのように動く。トートバッグに、
現実をいっぱい詰め込んで、ハンカチをかぶせて
見えないようにした。
いっぱい息を吸って、潮風を感じながら泳いでいった。

それは日曜日のこと。

tukiyo
1 Star (8 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

月夜に消える

2014/01/17


mp3ダウンロード

いのちが吸われていく様な夜は、くるしくて。
光やテレビの音が痛みを成しては、刺さりこみ。
つまらないことで、気を紛らわせるだけで。
なにかに脅えるわけでなく、なにかがつらいわけではなく、
ただすべてのことが痛みを帯びた。
心が辿り着いたのは、朦朧としたひとりの空間で。
月が哀しそうに、照らしていて。
安心した世界で、夢を見た。幾分も先のことを思い描いた。

言葉 ver.2019
1 Star (2 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

言葉 ver.2019

2019/03/25

mp3ダウンロード


/YOUTUBE版

「言葉にしない方が自分の為にもなるんだ」

ある大人は言う。言葉ばかりの世界で旅を続けて
疲れてしまった人だ。
自分のきもちを言葉にしないようにし続けて
振舞っていたら
確かに楽に生きることはできた。
“自分だけ”が楽に生きることができた。

☆こちらは「言葉」「ほんものさがし」
姉妹曲となっております。

水に透k
1 Star (6 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

水に透

2018/05/21

mp3ダウンロード


/YOUTUBE版

桃色や薄紫、薄い紅色の
全て同じトーンで彩られた
花たち、ひとつひとつ形も大きさも違う。

四角い桃色の箱にたっぷりの水が
潤っていて、
その中に花たちは沢山沈んでいました。

花たちはだんだん水を浸透させて
ぷかりと浮かんで光に透りぬけて

ただ、そこで、潤いを楽しまれているだけなのです。

yukinaru-jak
1 Star (1 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
素材利用不可

静かな調べ – ver. short demo -

2014/09/29


mp3ダウンロード

時間は、積もる雪のようにあっという間に過ぎた。
寒さもあり、展望台下のカフェに急ぎ足で
入ることにしたのだった。ホットコーヒーが
運ばれてきて、砂糖を甘目にたくさん入れて
口にした頃、そこでは偶然音楽会が開かれていて。
若い楽団達が、バイオリンやビオラの演奏を
はじめたのだった。暖炉が暖かく、懐へと沈ませる。
贅沢な時間が過ぎる中、窓の向こうは吹雪になっていた。
吹雪のことも忘れてしまうぐらい、
ゆっくり、ゆっくりと、それは過ぎた。


☆2014年11月9日、北海道コミティア1にて頒布予定の、
製作中、新作アルバム「雪の鳴る街へ」より。

賑やかで寒い、外から入った一軒のカフェは
一気に体を暖かさが包み込み、
ひどく静かなものでもありました。

それは、この1シーンだけでなく
冬の日なんかには、寒いところから、
暖かい場所へ移動したときに感じる、温もりや
ほっと安心するような、
雪国ならではの一瞬のひとときなのです。
そんな地に住んでいる自分だからこそ、
表現できる「冬」のアルバムを現在製作中です。



曲を色で探す

色をテーマにした楽曲をまとめています。お好きな色をどうぞ。