即興ピアノ曲の真島こころ公式ウェブサイト

ピアノランダム

掲載中にピアノ即興曲をランダムで10曲選びました。
お気に入り頂けましたらお気に入りをクリックして頂けると幸いです。



曲を色で探す

色をテーマにした楽曲をまとめています。お好きな色をどうぞ。

その他の楽曲カテゴリ

ランダム10曲

1 Star (2 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

2011/03/01


mp3ダウンロード


にっこり笑ってる。
そこは本当の意味で赤く、黒い、境界線。
クロスした世界で
「はい、おしまいですよ、みなさん」
と言った。

行く処は決まっていて、
多分あの境界線の底に沈んだ世界。

にっこり笑っている。
そこは本当の意味で鋭く、痛く、
青い水底より青い。
否、蒼い。

「はい、はじまりですよ、?さん」
そこで途切れた、ぷつん、ぶつん。

1 Star (1 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

2012/01/06


mp3ダウンロード


分かれているな。…二つだからだ。
一つにしよう。二だから、二だから。二、だから。
私は一つにした。

一と二の間は大きいから。二は表情をくっと上げて、
襲いかかってきた。二は走り出す。歪みだす。
一は恐れた。一は分離を開始する。

後退し、二はやがて一になる。
「…―――――――パツン。」

disposable
1 Star (10 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

disposable

2017/02/06

mp3ダウンロード

諦めた心の中で、ふつふつと湧き上がる
期待など、沸点に達せば
どん、と大きな音を鳴らしながら
消滅してしまうほどの脆さ。
溜息ばかりつく、
そうして今日も熱い心を打ち込んで
消耗するように倒れるだけ。

zibun-sinzite
1 Star (4 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

自分の見つけたことを、信じてあげて

2013/12/03


mp3ダウンロード

自分の見つけたことを、信じてあげて。

どんなことがあっても。
自分の見つけたことを、守っていかなきゃならない。

「負けないで。」
どんな日も強く、生きて。
涙もやさしさに変わるから。

いっぱい泣いて、いっぱい笑って、
いっぱい怒って、一生懸命生きて。

自分の見つけたこと、
しっかり掴んだまま、離さないで。

1 Star (投票する)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

結婚行進曲アレンジ

2012/01/22


mp3ダウンロード


誰もがどこかで耳にしたことがある、クラシックの名曲、
「結婚行進曲」の有名なフレーズをメインに使ってアレンジしてみました。
なかなか結婚が進まない曲になってます。

1 Star (2 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

2013/03/28


mp3ダウンロード


ぽろぽろ、ころころ、
踊っている光の雫を音楽のように聴いていた。
光は眩しくて、
レースのカーテンはそれをちょうど良い眩しさに籠らせる。

どこかに、こぼれてしまった様々な事柄は、
こんな風に、自然と、重力に逆らわず、
落ちていったのかしら。

asayake2-jk
1 Star (1 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
素材利用不可

やさしい出会い

2015/08/01

mp3ダウンロード

ここは、海が見える町だった。

学校の帰り道、海沿いの道から
そっと砂浜に駆け降りると、
折り畳みのキャンプで使うような翠の椅子に
深くもたれかかり海を眺めているお兄さんがいた。

その姿は、どこか悲しそうで寂しそうで
それでも穏やかな表情を崩さないように
お兄さんは、ただただ、海を眺め続けているのだった。


☆サウンドノベル
「朝焼けのブルーⅡ-Pianissimo episode-」本編BGMより

冷えゆく世界へ
1 Star (10 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

冷えゆく世界へ

2015/12/03


mp3ダウンロード

「寒いね、」

君は笑った。俯いた顔で頷いて、灰色の空を見上げた。
視界はぼんやりと、膨張するようにして揺れた、
雪がちらちらと舞っては君の肩にやさしくそっと落ちた。

マフラーが風に揺れて。君もだんだんぼやけていく。
目元が冷たい。雪がじんわりと染みるようにして、
涙のように流れていく。

こんなに寒いと、消えてしまいそうなぐらい
胸が締め付けられて。生ぬるくも、苦しくて。

愛しさと苦しさ
1 Star (4 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

愛しさと苦しさ

2016/08/05

mp3ダウンロード

なにかがあったわけじゃないのに、
こんなに苦しいのはなぜだろう。
暑くもなく、今日はとても涼やかな風も運んでいたのだ。
頑張って作ってくれたご飯すら一口も入らない。
見るもの全てがまるでどこか遠くから眺めているようで
声も出なくなっていた。

なにに対して想っているのだろう。
それすらもわからないまま、ただ漠然とした
愛しさと苦しさを抱えた。

自分のことは自分で感じるもののはずなのに
自分の感じることすら
よくわからなくて

年を重ねて枝分かれして色んな感情が芽生えて
私には言葉にできない想いが溢れる。

愛しくて、苦しくて、
カーテンの揺れる風景の向こうで
鳥の鳴き声や子供たちの声がして
美しくてぼんやり眺めていた。

1 Star (1 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
素材利用不可

河童夏

2013/05/17


(採用版)

mp3ダウンロード



(没作)

mp3ダウンロード


【七月一三日 くもり】
お兄ちゃんがまた、水道管の前にいる。

宵町めめさんの「河童夏」という作品の音楽を担当しました。
曇り空の、気だるいイメージをして。
下のver.は、ボツになった案です。
尚、この曲は作品のために作った曲なので、
素材としての利用は不可です。



曲を色で探す

色をテーマにした楽曲をまとめています。お好きな色をどうぞ。