即興ピアノ曲の真島こころ公式ウェブサイト

ピアノランダム

掲載中にピアノ即興曲をランダムで10曲選びました。
お気に入り頂けましたらお気に入りをクリックして頂けると幸いです。



曲を色で探す

色をテーマにした楽曲をまとめています。お好きな色をどうぞ。

その他の楽曲カテゴリ

ランダム10曲

1 Star (3 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

despair

2016/03/02

mp3ダウンロード

また今日も、朝がきてしまった。
起きて直ぐ、鏡の前に立つ。映るのは
醜い自分の姿。目をそらして流れるように
一日へと向かった。過ぎる、時間は過ぎていくけれど
この長い旅に終わりはあるのだろうか、と
時々不安になって。孤独の波に溺れて
また布団へともぐって、夜が明ける。

1 Star (8 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

夜の列車

2012/08/29


mp3ダウンロード


「切符を拝見します」

☆フリーゲーム「無限夜行」のイメージで弾いてみました。
  
夜の香りがする、どこか懐かしいぞっとするゲームでした。
電車の物語、いいですね、私も描いてみたいです。
色遣いや演出が思わず夢中にさせてくれます。
素敵なゲームでした。

又、「MUZIE」様主催、
FMうらやすで放送中の、インディーズ新譜情報番組「Bandup」、
10月31日放送予定分にてオンエアされました。

1 Star (投票する)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
素材利用不可

やさしい朝

2011/11/26


mp3ダウンロード


光がまぶしいやぁ。

朝はいつだって優しくて、僕を撫でる。
光は善人にも悪人にも平等の光を照らすそうだ。

僕は今日も光を眺めると、階段を降り始めた。

※「ツバサ遊戯~虹の向こう、並んだ雲は~」より

mouitido
1 Star (3 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

もう一度

2014/06/16


mp3ダウンロード

もう一度 もう一度
二度と過去には
戻れないけれど

もう一度 もう一度
許されるなら
“同じ”ではない繰り返しを

ふと気がついたときに
逃げたくないときに
もっと高く飛びたいときに

もう一度 もう一度
例え失敗しても
立ち上がろう

もう一度 もう一度
許されるなら
今よりも少しだけ前へ

「Sator」の蒼風そうかさんに詩を提供して頂きました。
「過去に戻ることはできないけれど、
もしも同じことができるチャンスがあるならば。」
同じではない繰り返しを、ピアノの旋律で表現してみました。

1 Star (1 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

コード (結論と証明と) 2部構成

2013/05/28


(証明)

mp3ダウンロード


よるはきれいだね、あはは。あさはふしぎだね、あはは。
くるしいときはくびにぐるぐる巻けばいいかな、あはは。
よどんだせかいからは逃げればいいかな、あはは。
あはは、あはは。
しばって、しばって、かいらくをえれば、もういきていけるよ。あはは。
むせった喉をおしころして、わらうと、ほら、にちじょうがあるよ。
むじょうのせかいで、こころをしずかに、おしころそう。
あはは。


(結論)

mp3ダウンロード


綺麗なことなんてかかなくていい。
もっと広がっていく心の中のように突き上げて溢れだすように、
言います。「こんなすべての人間の気持ちを抹消したい。」と。
もっともっと、もっと言いたい。
もっと色んなことを自由に言いたい。
もっと色んな事を自由に表現したい。
もっと、もっと。まっすぐ、と。

1 Star (1 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
素材利用不可

銀河鉄道の夜

2012/04/03


mp3ダウンロード



(朗読)

mp3ダウンロード


「ぼく、わからない。けれども、だれだってほんとうに

 いいことをしたら、

 いちばんしあわせなんだね。だからお母さんは、

 ぼくをゆるしてくださると思う」

☆宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を読んで、製作しました。
 あくまでも推奨ですが朗読ver.をおすすめします。

僕の帰る場所k
1 Star (3 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

僕の帰る場所

2016/08/19

mp3ダウンロード

歌詞

遠く、遠く ”夢”もなく
ただ 遠くへとゆく

遠く、遠く 電車に乗って
僕は 出かけた

街は 見慣れない風景
見渡せば 誰も知らぬ人

そこで僕は 大人になる
大人になるんだ

遠い場所に来て 知った
“一人で生きてたわけじゃなかった”

帰ってくれば 灯りが付いていて
当たり前のように ご飯が出てきて

僕を いつも 支えてくれた

遠く、遠く 離れていても
心の中で 繋がってる

遠く、遠く ここにいても
帰る場所が あるから

帰る場所が あるから

ming-zi-fue
1 Star (5 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
素材利用不可

フエラムネの向こう側 feat.ming-zi

2015/04/11

歌詞

つめたさの中に 水面(みなも)が跳ねる
きょうの足音、まるで嘘だったみたいに消える

人影が映る 残響の場所で
フエラムネ吹いて 待っている少女がいる

曇る夜空に ブルーをおいて
檸檬が混じる

丘の上
ぼやけた港 汽笛がきこえた

フエラムネを吹けば 少女、笑う。
埠頭(ふとう)を照らす 星屑が鳴く

願うなら
「今日までを、消してください」
明日から 新しい 景色を見るために
そっと ドアを閉じた

時は過ぎ 雲は流れゆく
見つめたの あの日の記憶を、今

フエラムネの向こうで 少女、笑う
埠頭(ふとう)を照らす 星屑が鳴く

願うなら
「今日までを、消してください」

フエラムネを吹けば 少女、笑う。
埠頭(ふとう)を照らす
星屑が鳴く

願うなら
「今日までを、消してください」

そっと ドアを閉じた




☆4月26日リリース予定、
最新作アルバム「フエラムネの向こう側」より


作曲・作詞・ピアノ演奏:真島こころ
ボーカル・コーラスアレンジ:ming-zi
マスタリング&MIX:高岡兼時
イラスト:宵町めめ

一瞬の夕焼け
1 Star (2 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

夕暮れへと帰る鳥

2012/11/28


mp3ダウンロード


鳥は、必ずしも、自由というわけではないようだ。
自分の食べるものや、眠りの時間も刻む。

今日もそうやって、夕焼けの中、山へ帰っていく。
風が寒さを運んでいく。時期に雪も近いだろう。

一日が終わると、わたしは眠る。
静かに、静かに、その山で息をひそめる。

雪明かり-k
1 Star (6 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

雪明かりの路

2014/01/06


mp3ダウンロード

セピア色のコントラストに白の浮き上がった雪たちが
少し暮れた夜の世界に、降りそそいでは、どこかに消えた。
白の絨毯を埋まるように歩いていけば
こんな雪の日が悪くはなくて。
雪が降るたびに思い出すんだと、笑った。
音が鳴る世界では、心が共鳴するように伝わって。
冷たくなる手を、強くはなく、離れない強さで、握った。
心地よい調べが、街を降りそそぐ。
それは、いつだってきれいで。
焼き付けるように刻むように瞼を開いては閉じた。
心のドアが今、開いている。
やさしい風が吹いては、撫でるように歌う。
怖いことなんてない。なににも代えれない大切なものが、
この世界にあることを知った。
それを、しあわせと呼ぶのだと、知った。



曲を色で探す

色をテーマにした楽曲をまとめています。お好きな色をどうぞ。