即興ピアノ曲の真島こころ公式ウェブサイト

ピアノランダム

掲載中にピアノ即興曲をランダムで10曲選びました。
お気に入り頂けましたらお気に入りをクリックして頂けると幸いです。



曲を色で探す

色をテーマにした楽曲をまとめています。お好きな色をどうぞ。

その他の楽曲カテゴリ

ランダム10曲

夜に光は纏うkk
1 Star (3 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
素材利用不可

夜に光は纏う

2016/02/09

mp3ダウンロード

ほたるのように、雪が光って舞い降りた。
灯りはいつだって、心に寄り添うもので
こんなにつらい帰り道だって
並ぶようにして橙色の光が灯ると
もうどうだってよくなるんだ。
うつくしいその世界に僕は全てをゆだねた。

1 Star (3 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
素材利用不可

αιώνια στιγμή ピアノアレンジ

2012/03/11


mp3ダウンロード


原曲の「αιώνια στιγμή」を聴いてから、
日々この曲ばかり聴いて過ごすことが多くなりました。
心のこもった演奏、音を奏でるsionsivaさん、
これからも尊敬、応援しております。

原曲の「αιώνια στιγμή」は永遠の一瞬という
意味だそうです。
大好きな人と一緒にいるときに感じる、愛しさ、切なさ、
とても穏やかな、涙が出そうになる悲しみ。

原曲を日々聴いた上で、私もピアノを奏でてみました。

今日は3月11日でもあります。
私になにができるんだろう、と探したけれど、
軽はずみに弾くのはよくない、と一年が経ちました。

それでも、こうやって、その中で、
大切な音や心を奏でることが、私に出来ることだと
思いました。

大切な人のことを考えて、
今日は過ごしたいと思います。

原曲:sinosivaさんのアルバム「αιώνια στιγμή」より

叫びkk
1 Star (7 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

叫び

2017/02/23

mp3ダウンロード

遠くの地平でかなしい事がおきて
憤りが喉から漏れ出して
その心を獣みたいにどこまでも放って
言葉にならない、納得できない、
怒りと苦しさがどこまでも伸びて
閃光になって

どうしてこんなにも
平等ではないんだ、
同じ事をしていても同じ言葉を話しても
どうしてか運が悪く
同じ環境だとしても同じものを食べても
こんな不条理な現実を突きつけられて
ましてや遠くの地平では

遠くの地平でかなしい事がおきて
その度どうすることもできないことに
ぶちあたる人々がいて
その一部を知りながらも
出来る事など
想うこと等なにも意味がなくて…

tabiwosuruhito-k
1 Star (9 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

私は旅をする人

2015/10/13

mp3ダウンロード

深まり色づく季節は、どこか淋しくて。
そっと瞼をとじて、秋の調べに耳を澄ませた。

鼓動は高鳴る。変わりゆく季節の中で
静かに息をひそめた。紅い葉が揺れていた。
私はここにいた。ここにいる、枯葉の上で
高い空を見上げた。

強い気持ちが渦巻いて、明日へと向いた。
行かなくてはいけない。時間だ。

siawase
1 Star (17 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

しあわせ

2013/10/15


mp3ダウンロード

どんなに楽しいことがあっても、
それは終わってしまって。過ぎていくんだ。
「しあわせが、いつまでも続くとは思わない。
でも、今あるしあわせが、未来に生きる光を射してくれるんだ」
今を大事に。過去を大事に。
どんなに苦しい絶望の日が来ても、思い出しては生きて。

幸福の孤独jk
1 Star (4 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

幸福の孤独

2016/08/09

mp3ダウンロード

なにも不自由していないのに、
それ故に傍にあるものを粗末にしていた。
胸の奥が苦しくていたくて、かなしくて
なぜこんなにさびしいのだ、
形では幸福としても心の中がこんなに
今にもぷつりと切れそうに
か細い糸で伝っている。

エメラルドの風_03
1 Star (4 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

エメラルドの風

2014/06/09


mp3ダウンロード

きみは、
「雨の匂いが好き」と言った。
わたしは、
「この花、近くで見ると、すっごくきれいだね」と言った。

そうやって、自分にとっての幸せを、
真の気持ちで言い合えるのなら
もうそれでなにもいらなかった。

「飛行機雲だ!」と指をさして笑うことも、
許されない世の中で
ほのかに色づくやさしい風の匂いを感じた。

そのエメラルドの風は、包むように背中を押してくれた。
いつも右肩にそっと手を置いてくれてるようで、
電車がホームに転がるように到着するときの場面でさえも
怖いという気持ちが、軽くなり、自分を守るように構えた。

携帯を見つめる人しかいない夜の電車に乗った。
色んな建物がひしめき合う中で、
外の光がガラスに反射して彩る。
心の中がもぞもぞして、さびしかった。
きみと、こんなとき、
窓の向こう側を見て、楽しく笑いあえたら
とても幸せなのにな、と。

うつくしい世界があると気付いても、
きみがいなくてはならない。
うつくしい世界があるとしても、
しあわせになれるわけではないんだ。

きみといつもの風景を眺めるから、楽しいし
きみとごはんを食べるから、おいしいし
かなしいときも、きみは泣いてしまうので、
こころがやさしい。

きみと、目を閉じて、
風や葉の音をきいてベンチに座っていた。
しばらく目を閉じていれば、
開けた時、とてもまぶしいと知る。
すごくまぶしくて、目をぱちぱちさせて。
空にはカラスがぐるりと飛んでいた。天気がよいから、
気持ちよいのだろう。

きみに、であえたことが、
うれしくて今夜は泣いてしまおう。
こんなことは、誰しも、
ましてや簡単に、言えることではないのだ。
きみに、であえたことが、ほんとうにうれしい。

青空
1 Star (6 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

一瞬の漣が打つ

2018/06/19

mp3ダウンロード

/YOUTUBE版

風の波がさざなみのように
耳から、身体中へ、海鳴りがきこえた。
一瞬にして、瞼をとじれば
鳥の鳴き声が心の中の色彩を覆って
甘酸っぱい湿った初夏の匂いがするのだ、
外に出たら、何もかも新しくてきれいだ、
また生まれ変わった、
こころもからだも、
全部。

図書室ゆうぐれ
1 Star (8 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

誰もいない夕暮れの図書室

2015/06/06

mp3ダウンロード

窓から、茜色の夕焼けがぼうっと霞むように照りつけた。
本棚にも茜色の光が射して、図書室は茜色に染まるのだった。
向こう側から電車が走る音が遠く聞こえた。
静かな図書室だから、色んな音や光が
よく聞こえたり、見えたりしたのだった。
そっと瞼を閉じて、かけがえのないものに全てを研ぎ澄ませて馳せた。

Angel-Dollヘッダー2-site
1 Star (5 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
素材利用不可

Angel Doll

2014/12/20

mp3ダウンロード

YOUTUBE版

「お願い。一週間だけ、ここに居させてほしいの」

“エンジェルドール”と呼ばれる
ヒューマノイドが市販されている現代日本。
大学生・哲の家に、ある日突然、
行方不明になっていた恋人そっくりのドールが現れた。
七日間の約束として、哲は人形を「人間」として扱い、
匿うことにしたのだが……

☆noteにて蜂八憲さんの連載小説の
イラストと音楽を担当させて頂きました。
小説『Angel Doll』はnoteにて全10話を公開中です。

第1話はこちらから。こちらはテーマ曲となっております。



曲を色で探す

色をテーマにした楽曲をまとめています。お好きな色をどうぞ。