即興ピアノ曲の真島こころ公式ウェブサイト

感覚記憶装置3小バナ

二年分のピアノ曲を詰めて、データアルバム「感覚記憶装置Ⅲ」の無料配布を始めました。

2018/02/14

2013年9月に公開した「感覚記憶装置」
そして2016年3月に公開した「感覚記憶装置Ⅱ」より
時を経て、データアルバムのこちらのシリーズ、
2年ぶりにⅢの配布を開始しました。

サイトの展示曲(ピアノ曲のみ)を中心に、
一気にダウンロードしたい方向けの
zipアルバムとなっております。



感覚記憶装置3bana-s
(こちらからダウンロードください)


過去配布の「感覚記憶装置Ⅱ」以降の
2016年3月~2018年2月までの楽曲を
147曲収録しております。
(提供作品・歌・朗読・弾き語り作品は収録しておりません)

YOUTUBEで公開したピアノ曲集8「朧」収録の
まだダウンロードを用意してませんでした
「09.無題」の楽曲に名を付け、
「幻の線路にて」というタイトルでMP3収録の他、

こちらもYOUTUBEのみ公開だった、
「バレッタ」のMP3収録をしております。


前回より2年経ちましたが、2年の時間の中で
自分が紡ぐ音楽もまた、様々な
心模様の移り変わりとともに
随分、形を変えていったように思います。

時々、昔の、初期の頃の曲が好きだと仰ってくれる
リスナー様もありがたいことに
いらっしゃいます。

何年か前のように、また奏でようと思っても
思いもフレーズも間の取り方も
心のアウトプットも、根本的なところを意識しても
またあのときのように同じように表現することは
大変難しく、その思いを感じるたびに

とても寂しいようで、悔しいようで
だからこそ、今その演奏を経て、奏でれてる
心から込めれるものが沢山あるのだと思います。


君の音。もこの名前を名付け
即興演奏を録音し始めから
今年の9月で10年を経過しようとしております。

休止を挟んだり、大病を患ったりと
10年の中で様々なことがありましたが

君の音。もその時その時代にしか
奏でれなかったもの、曲たちがあると思ってます。

データアルバム、そして詩集も同じ名前、
この「感覚記憶装置」と名付けておりますが

“一瞬一瞬は本当にあっという間で
その感覚はその一瞬しか感じることが出来ない、
それなら、その「感覚」を曲に記録していこう”



そう思い、この名前をいつもつけております。

昔、それこそ私が子供のときに観ていた
夜9時から流れていたドラマも
未だに主題歌である松たか子さんの
「桜の雨、いつか」も
今もあのドラマの映像をよく記録してくれてたり

大好きな曲を沢山聴いていたとすると
またその曲を聴くと
なぜだかその当時の感覚がよく蘇ってくるのです。

考えてたことも、体が感じた感覚も
思ったことも、音楽とセットになると
何故だかよく覚えてくれるもので

もう随分前のこと、考えてたこと、
よい意味でも悪い意味でも思い出すんです……笑


私も君の音。の曲を聴くと
このときこんなことを考えてた、
このときはこんなことで体や心が弱っていた、
こんなことがあった、ってすごくよく当時のことを
思い出します。



少し話は脱線してしまいましたが、
今奏でられることを、こめれることを
全力でこれからも音にしていきたいと
思っております。今年も沢山曲を更新していければ
何よりの幸せです。

何かつらいときが起きたときも
情けないことがあっても
そして大変幸せなことがあったら
ピアノに向かって、これからも
感覚を記録していきたいと思います。


データアルバム「感覚記憶装置Ⅲ」、
Ⅱのときよりさらに深く掘り下げた形で
思いがこめられているかと思います。

是非、ごゆるりとお楽しみ頂ければ幸いです。
どうぞ、よろしくお願いいたします。