即興ピアノ曲の真島こころ公式ウェブサイト

泣かない小バナ

新作ピアノ曲集「泣かない」のクロスフェードDEMO-PVを公開しました。特設サイトも公開中です。

2017/05/30

こんにちは。真島こころです。
五月も終わりに差し掛かり、
六月も間近です。

本日、新作ピアノ曲集「泣かない」の
クロスフェードDEMO-PVを公開しました。


【新作アルバム】「泣かない」DEMO-PV

bana500100泣かない
「泣かない」特設サイト

映像を担当してくださったのは、
「泣かない」のロゴデザインを担当しました
葉月紗さんです。

前記事でもお伝えしましたが、

「泣かない」の製作は章さんから頂いた絵をもとに
絵が先という今までになかった製作工程によるもので
今年の冬の終わり、章さんのイラストを見たとき
洗練とした感じ、純粋さ、繊細さ、そして横たわる少女…、

そこから音が生まれるのは決して難しいことではなく、
そしてロゴデザインや映像も誰にお願いするか
浮かんだのは葉月紗さんの存在でした。

葉月紗さんはHPや歌、ツイッターの言葉、
そして昨年のネット即売会のAPOLLOで手にさせて頂いた
彼女の自主企画東京テレポートの作品など
多岐に渡って生み出すその世界は
まるで洗練とした凛とした少女の世界で
一本筋が通ってるような、ぶれない軸のような
すべてに通っている世界のようなものがありました。

今回、そのような思いがあり
ロゴデザインと映像をお願いさせていただきました。

こう、どんな方であれ、きらきらしたもので着飾ったり
あえて派手に見せたり、作品においては
それらのことが必要だったりしますが

このアルバムのイラストとロゴデザインと
そして映像は、ただそのままに、
あらわになったその世界を
切り取った形なのかなと思ってまして

水の音が聞こえてくるような
そっと隣にそばにいてくれるような
そんな存在です。

それを実現するのを叶えてくれたのが
今回、章さんと、そして葉月さんの
存在が大きかったと思います。
お二人の繊細で女性的な空気とテイストが
よくマッチしていて、

作品として一本通ったものに
統一されたものになったかなと思っております。


章さんのイラストも、こちらは
アナログ絵だと思っておりましたが
デジタル絵ということを後で知ったわけなのですが

頂いたときは、「朝を終えるために」や
「pebble」で感じたときのような
よい意味で衝撃、そしてやさしい感動がありました。

このアルバムのタイトルは
実は章さんがもともと絵のタイトルとして
つけたものなのですが、
アルバムにも拝借させて頂きました。

「朝を終えるために」でご一緒してから
少し月日が経ちましたが

描くその絵は変わらず、それでいて
愛しいものでした。


アルバム「泣かない」は現在
特設サイトとDEMO-PVを公開中です。

先行で、札幌では6月10日(土)の
『the woRks original 34』にて頒布予定(詳細記事)

翌週6月17日(土)開催
ネット音楽マーケットイベント「APOLLO第六回」にて
頒布予定です。
(通販もAPOLLOからパッケージ版・データ版開始予定)


是非、ピアノ曲集「泣かない」を
どうぞよろしくお願いいたします。


かすかに聞こえる水の音、
それから淡きピアノの音、
ただそこにあるだけの、その色を
掬ってみませんか。