即興ピアノ曲の真島こころ公式ウェブサイト

豆屋様-2016冬コミ小バナ

【冬コミ(C91) 1日目ロ-41b】 豆屋様企画、秘封倶楽部ピアノアレンジCD「雪音終永」と、紅魔郷ピアノアレンジCD「もう、ひとりじゃない」にて、音楽を担当させて頂いております!

2016/12/26

いつもありがとうございます。

今週末行われる、
冬コミ(C91)1日目ロ-41b、
豆屋様のブースより頒布されます

東方アレンジCD二枚の
ピアノ演奏・アレンジを担当させて頂いております。


一枚目は、いつもおなじみ
アレンジさせて頂いております
秘封倶楽部アレンジCDより
「旧約酒場」をアレンジしましたCD
「雪音終永」になります。


[雪音終永/全曲試聴]


こちら、かつて上野と札幌を結んでました
夜行列車「北斗星」をアルバムモチーフにしまして

北海道を目指し列車に乗りつつも
その中で幻想郷を垣間見るというコンセプトに沿って
アレンジさせて頂いております。


豆太郎さんにはいつもご依頼の際
1曲1曲詳細に描かれたモチーフの上
アレンジさせて頂いておりますが

今回、自分の好きな鉄道を
モチーフにしていることと

地元北海道も登場するモチーフということで
車窓より見える雪景色も
意識したアレンジ演奏にしてみました。


淡い幻想的な景色とともに、
あるときは力強く電車を走らせ
幻想を垣間見て。

今回も楽しくアレンジさせて頂きました。


こめら様の、淡い美しい色遣いの
ジャケットがとても素敵です。
是非特設サイトもご覧くださるとうれしいです。




二枚目は、今回初めて
東方紅魔郷アレンジに挑戦してみました。

「もう、ひとりじゃない」
という
アレンジCDになります。


[もう、ひとりじゃない/全曲試聴]

紅魔郷の曲は色の濃さが濃くて
艶めいて、そして鮮やかな景色が浮かびますね。

紅とつくのがしっくりくるというんでしょうか、
一枚目の秘封倶楽部アレンジCDの淡さとは
打って変わって、色の濃いCDとなっております。

担当した曲だと自分はクラシックの一部のフレーズが
出てくるセプテットも弾いてて楽しかったのですが
紅茶館や、メイドと血の懐中時計なんかも
弾いてて楽しかったですね。

個人的にこういうテイストの曲を
現在、推していくように水面下のお仕事や
そして展示曲でも好んで弾いてるので
二枚目は特に楽しみながらアレンジさせて頂きました。
(もちろん一枚目もなのですが…笑)

エシュアル様の鮮やかな光輝く
あたたかなジャケットが美しいですので
是非こちらも特設サイトご覧くださると幸いです。

こちらも是非、「雪音終永」とともに
よろしくお願いいたします。
おすすめです。


また、当日は豆屋様のブースにて
君の音。発オリジナルCD
「フエラムネの向こう側」「少女の海から」を
委託させて頂いておりますので
そちらも宜しければ、チェックしてみてください!

詳しくはこちらにまとめておりますので
どうぞご覧ください!

それでは、改めてよろしくお願いいたします。