即興ピアノ曲の真島こころ公式ウェブサイト

小バナ

【2016-M3秋】君の音。[E-11ab]にて出展します。お品書きを公開しました。取り置きも受付中。

2016/10/24

私は当時、右も足も知らない同人イベントに
足を踏み込んだきっかけは、

その当時、親しく接してくれて
私は音楽を作るだけでも
CDも作ってくれた方がいらっしゃいました。


何も知らないままの私でしたが、
その方がM3で委託を頒布くださったことで

M3というイベントを知りました。


それが今から6年前、旧名義でしたが
「10月9日」というアルバムを出しました。

そしてその一年後、初の同人イベント
M3にて同人イベントデビューをしました。


それは秋でした。東京に行くこと自体久しぶりでしたが
たくさんの方とはじめてお会いして
私は何度も泣いてしまった記憶があります。

そのイベントでは、「タオ~時は線路を越えて~」という
こちらも旧名義での頒布でしたが、
はじめて自分で作ったCDと、
サークル「ふきの党」で作った、
コンピレーションアルバムを頒布しました。


その日は、2011年10月30日だったと思います。
そのちょうど五年後の、この10月30日(日)に
秋のM3に出展します。

春の出展は多かったですが、秋の出展は実質二回目と
なります。

日数も同じということで、
私は不思議と運命的なものを感じております。


前置きが長くなりましたが、
私はいつもこのイベントのために長い時間をかけて
目を輝かせて打ち込んで、作品を作ってます。

どうか、お近くの方、遊びに来てくださると
ものすごくうれしいです!!


CDを一枚買っていただけると
すごくうれしいですし、
今ツイッターで取り置きの予約も行ってますが
一式のご予約も、過去にご依頼をくださった方より
何人ものの方より頂いております。

ありがたいです。


私はこの気持ちを返せれるように、
この「少女の海から」を作ったのもあります。

購入後のペーパーも是非、合わせて
読んでみてください。


さて、前置きが長くなりましたが、
当日のことと、
お品書きとなります。いよいよですね!


[頒布場所]
2016/10/30(日) 2016-M3秋
東京流通センター/第一展示場【E-11a】
くらやみ横丁×Episodes&Melody
君の音。合体ブースにて。

※入場にはカタログ購入が必要です
(当日会場にて\1,000で販売されます、前売り販売も有)


今回、くらやみ横丁の宵町めめさん
Episodes&MelodyのAzellさんとの
合体ブースになります。

「少女の海から」/500円

jkk

“少女は今も海の中で夢を見ている。”

とてつもない苦しさ、そして
とてつもないくらいの
愛しさ。

少女のかなしくもあたたかな世界を
ピアノと海鳥の鳴き声と波の音で
表現しました。

6曲というミニアルバムではありますが、
普段より1曲1曲長めの尺で作り、

たっぷり波に揺られているような感覚になれるよう
かぼそく、儚い世界を、
ピアノだからできる旋律で歌うように、
愛しく奏でました。


特設サイト



DEMO-PV

「サンプル」

DSC_1087-2

サンプル20160522-22

詩集「感覚記憶装置」/ 500円

詩集:表紙-k

「文字を、愛する人へ。」

いつもはピアノを奏でて、
音楽を作る私でしたが ともに、
そばには文字が一緒にいました。

今回初めて、文字をメインとした詩集を、
地元のイベントで知り合った、
はらださんとともに 作りました。

派手なことや、凝ったことは、
特に一切していませんが、
文字のうつくしさが表現できたらと、
思いました。

ささやかでありますが、QRコードより
その詩とともに作りましたピアノの音楽も
ご一緒させてください。

日々の記録を、そのままに、
一冊の文庫本となりました。



「紹介PV

「サンプル」

サンプル1t

サンプル2

サンプル5

「Like a Night Fish –川底幻燈イメージアルバム-」/ 500円

likeanightfish400

「まぶたを開けば、蒼く染まる幻燈の町。」

宵町めめさん主催、原作本川底幻燈の
イメージ曲集になります。

作曲陣では、Azellさんa_hisaさん
そして私も半分の楽曲を担当してます。

伊ヶ崎綾香さんによる朗読曲や、
瀧沢一留さんによるボーカル曲など

全体の空気がパッケージごと
濃縮されているような一枚となっております。

サンプルにもありますが、紺の帯や
幻想的な光のあるジャケットなど

音楽だけでなく、きっとパッケージも
満足できるものになっているかと思います。

幻想的、かつ翳りのある夜が似合う一枚、是非です。

特設サイト

DEMO-PV


「フエラムネの向こう側」/ 1000円 (旧作)

450
かすかに夜風が吹く、
ひんやりとした港では、
少女と青年が暮らしていた。

力強く、切なく、あるときは
やさしいピアノ曲、そして
ピアノボーカル曲などによる
全15曲収録のボリュームたっぷりの
アルバムになります。
(ドラマCDではありません)

先日のイベントより値下げしておりましたが、
今回秋M3でも値下げしたこちらの価格にて
頒布させて頂きます。

ブックレットも漫画家の
宵町めめ先生による、動きのある
漫画風イラスト満載で
こちらの音楽とともに
お楽しみ頂けると幸いです。

「特設サイト」
fue400x80



ほんの僅か、小数部ですが、
「雪の鳴る街へ」も持っていきます。
3~4部なので、お早めに!


いつものこと、長くなってしまいましたが、
ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

当日まであと少しですが、とてもプレッシャーで
少し安静にしていようと思います。

ツイッターにて取り置きも引き続き
受付中です。

いつも力みすぎて、うまく
お話できないのがもどかしいですが

今回はまったりお話できたらと思いつつ
たくさんの方に遊びに来て頂けると幸いです。

私はいつもこの日のために
色んな活動をしている気がします。

是非、お待ちしております。

当日、気をつけていらしてくださると
幸いです。天気だといいなぁ。