即興ピアノ曲の真島こころ公式ウェブサイト

kawazoko
1 Star (7 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
素材利用不可

凛音

2014/02/06


mp3ダウンロード

歌詞

あの風の向こうに 幻燈が宿る
手を伸ばせば、ほら
君が微笑む

閉ざした記憶は 川に流され
ホタルは今日も 町を泳ぐ
見つけた場所には 洗われるような
光が 灯(とも)ります

lalala….

川底のすべてを 忘れなさい
あの町のことを 忘れなさい
淀んでいる空気が 今日も闇に果てて
カゼオイが 彷徨う

川底のすべてを 忘れなさい
あの町のことも 忘れなさい
列車で もがくように 叫んでいる
おやすみなさい、朝まで

(凛とした空気が 朝を照らし)
(静寂としたホームで 電車に乗った)
(朝焼けの空は 鮮やかで) 
(今日も そこはかとなく)
(ゆらり、揺らぐように ラムネが香る)


くらやみ横丁さん川底幻燈二周年企画に、
二次創作として、原作本を読みながら製作しました。
美しい淀みの色が彷徨うような世界観の漫画作品です。
原作本はこちらから。Amazonで購入できます。