即興ピアノ曲の真島こころ公式ウェブサイト

ピアノランダム

掲載中にピアノ即興曲をランダムで10曲選びました。
お気に入り頂けましたらお気に入りをクリックして頂けると幸いです。



曲を色で探す

色をテーマにした楽曲をまとめています。お好きな色をどうぞ。

その他の楽曲カテゴリ

ランダム10曲

1 Star (投票する)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

消しゴム

2010/12/02


mp3ダウンロード


日常の他愛ない一コマが瞳に焼きついていく。
友人との会話の一コマが忘れられていく。

信号機が変わると人々は歩きだす。
時間が進むと人々は追い越していく。

きっと、世界は薄情な渦に巻かれていて、

薄情による決裂が時を流すのだろう。

asayake-j1 (1)
1 Star (2 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

少女のこと

2012/10/31


mp3ダウンロード


海が響いてる。波が泳いでる。
あの子も、やがて僕の中から消えていくのかな。

塩の匂いは、変わらなかった。
今日は、ここで、穏やかな表情で海を眺めることにした。


「朝焼けのブルー」のその後をイメージした曲です。
劇中で使われてない為、素材利用が可能です。

1 Star (6 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

生命よ

2011/12/15


mp3ダウンロード


命はいつか果てるもの。
明けていくわ 死んでいくわ。
生きることを、噛みしめながら…――。

作詞、MIX、弾き語り:真島こころ

木々の輪郭
1 Star (4 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

木々の輪郭

2016/12/09

mp3ダウンロード

木々が黒い影となって、空は射した。
さらさらと葉が舞い落ちて
剥き出しとなった姿は
何故だか力強くて
こんなにも包み隠さずいるのに
堂々とできるあなたは同時にかなしい顔をしている。

世界からの逃亡
1 Star (5 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

世界からの逃亡

2017/07/03

mp3ダウンロード

歌詞

世の中はつらいことが多い
走って、走って、どこまでも果てしなく
どこまでも誰もいない場所まで逃げて
叫んで、息を切らして逃げた、

こんなにつらいこと、感じるぐらいなら
心や体が傷むのなら
どこまでも逃げてしまおうって
走った、走って、走って

川の前で立ち尽くしていた。
流れる水の音、かなしい、
かなしくて、心は
永久につらくて傷んで

座り込んで、気が付く頃には
小さな箱の中に
ひっそりと隠れて息をひそめていた。

今日だって、明日だって
私はいつだって怒らない、
もう明るい場所では堂々と
幸せだと言い切れない、

世の中はつらいことが多すぎるから
走って、走って、どこまでも果てしなく
誰も追いつけない場所で 逃げて
叫んで、息を切らして逃げた

未来へ
1 Star (3 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

未来へ

2019/04/30

mp3ダウンロード


/YOUTUBE版

先は真っ暗で何も見えない。
この一歩を踏み出して
新しい時代を迎える。
同じ世界の延長線上で
不安がざわめいている、

それは静かで、洗練とした空気の中で。
無我夢中で何も見えない色を
旅するのだ。

汽笛は鳴った。世界は幾度も
瞬間、色を変えて。
電車は走り出す。
ホームに行き交う人々。
街は走り出す。

未来はいつだって真っ暗なのに
それでも進みゆくのは
まだ見ぬ世界を見てみたいから。

ranngudosha
1 Star (28 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

ラングドシャをひと箱

2014/03/27


mp3ダウンロード

思えば、最初から、ラングドシャを一人でひと箱開けるような
女の子だったら、よかったのかもしれないって。
ダメだってことは絶対ダメだったし、
そのまま生きてしまったのがよくなかった。
だから、今日はラングドシャをひと箱開けてむさぼるように、
食べよう。それがいいんだ。ほんとうに。

図書室ゆうぐれ
1 Star (11 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

誰もいない夕暮れの図書室

2015/06/06

mp3ダウンロード

窓から、茜色の夕焼けがぼうっと霞むように照りつけた。
本棚にも茜色の光が射して、図書室は茜色に染まるのだった。
向こう側から電車が走る音が遠く聞こえた。
静かな図書室だから、色んな音や光が
よく聞こえたり、見えたりしたのだった。
そっと瞼を閉じて、かけがえのないものに全てを研ぎ澄ませて馳せた。

夏は終わらない
1 Star (6 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

夏は終わらない

2018/09/18

mp3ダウンロード


/YOUTUBE版

夏の終わり、秋の始まりは
空っ風が全身を押し倒すように
強くて、乾燥した唇をきゅっと結んだ。
飛行機の轟音が空を駆け巡る、
アスファルトにはまだ蜃気楼が輝いていた、
畑々は剥き出しになって光がきらりと輝いて
「まだ、終わりじゃないよ」って
君はそう言った。
夏がまだ終わりではないのなら
この高鳴る鼓動は
まだ響き続ける、
入道雲が夏の終わりを告げない。
終わらない、始まらない、
揺れる街並み、
夏を高速で描き続ける。

sabiremati1
1 Star (6 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

寂れ街 ver.2015

2015/09/14

mp3ダウンロード

薄れた空気で、人は憂いの瞳でゆっくりと歩く。
この街を知っているか。
ここは悲しみの街。
人々は夜も朝もセピア色の空を眺めているだろう。

原曲:2005年製作/MIDI「寂れ街」(MIDIデータ)より

ver.2011年も公開しております。
是非、聞き比べてみてください。



曲を色で探す

色をテーマにした楽曲をまとめています。お好きな色をどうぞ。