即興ピアノ曲の真島こころ公式ウェブサイト

」カテゴリーアーカイブ

「それは、憂いを帯びたあなたの瞳。」

車輪の下より

車輪の下よりジャケ
1 Star (1 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
素材利用不可

車輪の下より

2020/03/29

mp3ダウンロード


/YOUTUBE版(ver.short)

外に出れば木々の端々からやわらかい光が
射し込んだ。不思議と、息は出来て。
水が流れる小川、小鳥の鳴き声、
ずっとここにいたいと、そう願った。

ーヘルマン・ヘッセの車輪の下を読んで。

小説「車輪の下」ぜひ読んでみてください。

★こちらはつばさ様のコンピレーションアルバム
「外出自粛コンピ」に参加させて頂いた曲です。
DLはこちらからどうぞ。

カテゴリー: 更新履歴, | タグ: |

沼地に消えて

沼地に消えて
1 Star (3 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

沼地に消えて

2020/05/01

mp3ダウンロード


/YOUTUBE版

思考の旅はまた始まってたみたいだ。

変わっていくこと。
変わらないこと。
いつまでも、変われないこと。
太く刺し込む棘が増えていくばかりだ。

きれいなこころは
もう息をしていない、
黒ずんで暗い沼のようだ。

何もかも振り切ったら
何もかも信じられなくなっていた。

水を口にした。誰かと話した。
SNSで発信した。

でもどこにも、私は
どこにもいない
ただ無になって
なにもない場所で
寝そべっていた。

本当の心は消えた。
どこにもない。
消えたんだ。

カテゴリー: ピアノ即興, 更新履歴, |

時は水源へ

時は水源へ
1 Star (2 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

時は水源へ

2020/09/03

mp3ダウンロード


/YOUTUBE版

時は風のように流れゆく
やがて必死にしがみついた
あの場所へもうすぐ行けるという。
すべての苦しみは川のように
湖まで流れていく。
時はやさしくも厳しく
時にかなしく残酷で
時はいつも教えてくれた。
いつのときも忘れてはいけないよ、と
言った、言い放った、
君は波のように押し寄せて
私をさらっていく、
振り切れなかった記憶もすべて
押し流して
埋めつくしたい、
すべての記憶をあの場所で
埋めつくしたい。
水のように溢れ返った心は
すべての水を入れ替えて
赤ん坊の頃までに遡った。

カテゴリー: ピアノ即興, 更新履歴, |

乾いた野はらを後にして

乾いた野はらを後にして
1 Star (6 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

乾いた野はらを後にして

2018/03/28

mp3ダウンロード

/YOUTUBE版

凍て付く寒さに身震いした日も
束の間。春が訪れたならば
今度はさみしさにすっぽり埋まって
心は潤いをもとめて
水を欲して沢山、沢山身体中に
浸透させた。

満たされる日があれど、
また乾き、手を伸ばすのなら
もっともっと、昇っていくべきなのだろう。
日々感じる違和感やずれを感じながら
口をむすんで、野原を歩いていくだけだ。

カテゴリー: ピアノ即興, 更新履歴, |

氷に眠る

氷に眠る
1 Star (6 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

氷に眠る

2019/03/09

mp3ダウンロード


/YOUTUBE版

風が冷たい。まだあたたかい春には遠く、
心もまだ冷ややかな氷の中に
閉じ込められている。
季節の変わり目はなにとなく切ない。
気温差に身体中が痛めつけられて
この痛みやもどかしさをどこにも放てないでいる。

カテゴリー: ピアノ即興, 更新履歴, |


曲を色で探す

色をテーマにした楽曲をまとめています。お好きな色をどうぞ。