即興ピアノ曲の真島こころ公式ウェブサイト

ピアノ即興楽曲

ピアノ即興楽曲を掲載しております。
お気に入り頂けましたらお気に入りをクリックして頂けると幸いです。
画像右クリックで、ジャケットを大きなサイズでもご覧いただけます。



曲を色で探す

色をテーマにした楽曲をまとめています。お好きな色をどうぞ。

その他の楽曲カテゴリ

新しい曲

20190507_142605 (1)
1 Star (4 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

秘密の楽園

2019/05/07

mp3ダウンロード


/YOUTUBE版

振り返ったり虚ろに楽になるように
言葉を放出しても
苦しみもがくだけだった、
誰も知らない楽園に辿りついた、
このあたたかい日差しの中で
生き物は誰一人としていない、
秘密にされた場所で
見えない何かと一緒におしゃべりしながら
笑う、
踊る、
生きていくには少し
誰もいない場所で息をひそめたほうがよい、
そうして夢とも違う
楽園でふわり、ふわりと
浮かんでいましょう。

未来へ
1 Star (2 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

未来へ

2019/04/30

mp3ダウンロード


/YOUTUBE版

先は真っ暗で何も見えない。
この一歩を踏み出して
新しい時代を迎える。
同じ世界の延長線上で
不安がざわめいている、

それは静かで、洗練とした空気の中で。
無我夢中で何も見えない色を
旅するのだ。

汽笛は鳴った。世界は幾度も
瞬間、色を変えて。
電車は走り出す。
ホームに行き交う人々。
街は走り出す。

未来はいつだって真っ暗なのに
それでも進みゆくのは
まだ見ぬ世界を見てみたいから。

私と言葉と
1 Star (2 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

私と言葉と

2019/04/17

mp3ダウンロード


/YOUTUBE版

「お前はなんのために言葉を、紡ぐのだ」

老人は、そう言う。

自分のため。誰かのため。
いや、誰の為でもないのかもしれない。
そこに、意味は成してないのかもしれない。

言葉と初めて向き合ってから
幾つもの時が流れて、幾つものの
呼吸のしにくさを感じた。苦しさばかりだった。

「こんなに大切に、言葉を、できないのなら
言葉などいらないです」

言葉はあるとき他人を傷つけた。
言葉は跳ね返って自分を苦しめた。

そんな言葉なら、言葉などいらないと願った。
口を塞ぎ、目を閉じて、だけれどそれは違った。
そのことにある日を境に気付いた。

「言葉は、苦しんだり、他人を傷つけるものではないのだ」

言葉があるから、生かされたり、
誰かに救われたこともあった。

言葉が自分のためになることもあった。

「言葉は、ただの、道具だ」

一瞬、一瞬、ガラクタのような文字列が心に転がっている。
一瞬、一瞬、私は言葉を使って、

私も、世界を、少しでも楽に、
少しでも幸せにできたら

自分の心が、全てをあらわしている。
心から綺麗に洗浄して、

いきましょう、わかったのなら、もう口を塞ぐことはない。

ゆこう。

日曜の夜。列車に乗って
1 Star (2 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
素材利用不可

日曜の夜。列車に乗って

2019/04/04

mp3ダウンロード


/YOUTUBE版

日曜の夜は何となく好きだ。
がらりと空席の多い電車で
運ばれてゆく人たちは
今日も仕事で疲れてる人や
明日からの憂鬱に俯いてる人、
しゃべりあって最寄り駅まで辿りつく
二人組みの女の子達。
そこに、物語があり、
続いている。
電車は今日も月曜までへと
運びゆくのだ。

令和の音
1 Star (2 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

令和の音

2019/04/01

mp3ダウンロード


/YOUTUBE版

新元号「令和」に寄せて。
聞こえる、令和の音。

言葉 ver.2019
1 Star (2 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

言葉 ver.2019

2019/03/25

mp3ダウンロード


/YOUTUBE版

「言葉にしない方が自分の為にもなるんだ」

ある大人は言う。言葉ばかりの世界で旅を続けて
疲れてしまった人だ。
自分のきもちを言葉にしないようにし続けて
振舞っていたら
確かに楽に生きることはできた。
“自分だけ”が楽に生きることができた。

☆こちらは「言葉」「ほんものさがし」
姉妹曲となっております。

氷に眠る
1 Star (3 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

氷に眠る

2019/03/09

mp3ダウンロード


/YOUTUBE版

風が冷たい。まだあたたかい春には遠く、
心もまだ冷ややかな氷の中に
閉じ込められている。
季節の変わり目はなにとなく切ない。
気温差に身体中が痛めつけられて
この痛みやもどかしさをどこにも放てないでいる。

1998CAM_2019_03_05_16_12_11_FN
1 Star (2 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

その階段を下りても世界は続くでしょう

2019/03/05

mp3ダウンロード


/YOUTUBE版

その一歩を踏み出せば
いつもなら、世界との境界を感じるぐらいに
視界は真っ暗になって
怯える世界に戻ることになるでしょう、
だけれど今ここからは違う。
この一歩を踏んでこの線を越えたとしても
同じ世界のままだ。
幸せを感じることの違和感がなくなった日々は
視界は明るくも暗くなくて
世界に自然と綺麗なまま馴染んでいるのだった。
疑問に思うこともなかった、
これまでの足跡は確かに今日に息づいてる。

風の走った日に
1 Star (4 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

風の走った日に

2019/02/26

mp3ダウンロード


/YOUTUBE版

“夜のこと、また歩き始める、光を見つけた。”

春の景色
1 Star (1 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

春の景色

2019/02/23

mp3ダウンロード


/YOUTUBE版

雪解けの道、毎年そのスピードも
速くなっていた。春。
変わりゆく風景は
あまりにも高速で、そのスピードも
速くなっていた。
変わっていく風景や人、
変わらないように思える自身に
春の日差しを溶かした。
時間の流れがこわくて恐ろしくて
日差しは心地よいで痛んだ。
沁みゆくこの温度は
あまりにも尊い。このまま時間よ止まれ。



曲を色で探す

色をテーマにした楽曲をまとめています。お好きな色をどうぞ。