即興ピアノ曲の真島こころ公式ウェブサイト

1 Star (1 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

トンネル-弾き語り-

2012/03/08


mp3ダウンロード


いつも雨だった。いつも雨、だった。
今がやや、元通りの日常に戻りつつある幸せ。
とてもうれしいことだ。

作詩、MIX、弾き語り朗読:真島こころ

歌詞

雨が、降ってました。
いつも、いつも、雨でした。
いつも。雨でした。

傍に咲いてくれた花は
見えないし、

雨で霧が白く、
視界は悪い。

今日も、この部屋で
ジグソーパズルを一個一個はめて、
完成してもうれしいこともなくて、

また崩して、また完成して、

また崩して、
またピースをはめるだけの毎日。

そんな毎日。
そんな毎日。
そんな、毎日。

“トンネルの向こう側には
 ちゃんと光があるんだって。”

そう言ってる子がいた。

歩いた、歩いた、ゆっくりすぎて、
追い抜かされてばかりだけれど、
歩いた、歩いた。歩いた。
歩き続けた。

ただ、見ることもできない光を追いかけた。
学生の喧噪された世界を、眺めつづけた。

歩いた、歩いた、歩いた、
歩いた、走った、転んだ、歩いた…歩いた――――――――――。

「今日」は、朝を起きた。
それから、朝ごはんを食べた。
お母さんと少し会話をした。テレビが付いていた。

弟が学校に行った。お父さんが会社に行った。
恋人と電話をした。

風呂洗いをした。綺麗になった気がした。

今日も息をしていた、今日はカーテンを開いた。
お日様自体は見えなかったけれど、なんだかあたたかかった。

もうすぐ春が近いのかな。そう思った。

今日も生きている、確かに生きている。

私は今日も明日も明後日だって、生きている。
生きている。生きている。