即興ピアノ曲の真島こころ公式ウェブサイト

弾き語り」カテゴリーアーカイブ

未知なる奥へ(二部編成)

未知なる奥へk (1)
1 Star (4 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

未知なる奥へ(二部編成)

2017/10/17

mp3ダウンロード

「第一部:この世で僅かな一粒の存在」

自分の考えることなど
ちっぽけな霧の一粒のようなもので
怖がっていることなど
強く地を踏んで心の目で見れば
何も怖いことでなくて
すべてどんな風に転がっても
なるようになるのなら
やることは決まっているでしょう、
大きく蹴飛ばして体を前のめりに、
走りだした。

mp3ダウンロード

(動画版リンク)

「第二部:心だけでなく」

—–君の言う”情熱”というのは本物なのか。

怖がらなくていい、一歩一歩、進んでいけばいい、
一歩、二歩、三歩も後ろに下がったとしても
微笑みながら背中を押さえてくれる人達が沢山いた。
うずくまるように丸くなっても、また次の日には
立ち上がれた。
強い安心感、大きな歩幅、
つらくない、
怖くない、

行こう。

カテゴリー: ピアノ即興, 弾き語り, 更新履歴, 桃色 |

真昼の哀しみ

真昼の哀しみ
1 Star (4 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

真昼の哀しみ

2017/06/19

mp3ダウンロード

今は明るい真昼だったとしても
ずっと果てなく続く真夜中みたいだ。

歌詞

つらい、それは運命で
走ろうとするたび 大きな壁
くじけそうに、なるよ

つらい、それは運命で
立ちはだかるたびに ぶっ倒れて
そのまま 永久(とわ)に 
眠りについてしまいたい

眠りにつけば 私は
痛みも何も 感じなくなる

つらい、それは運命で
走ろうとするたび 大きな壁
息継ぎだって、できないよ

つらい、それは運命で
それでいて自分はやめられない
吐き出して ぶった切って
打ち付けて 這いずりながらも

生きる、意味など知らず
生きる、生きる

カテゴリー: 弾き語り, 更新履歴 |

秋に埋もれてしまって

秋に埋もれてしまってk
1 Star (4 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

秋に埋もれてしまって

2017/10/25

mp3ダウンロード

季節が色づけば、心は蟠(わだかま)るでしょう。
浮き沈み、情熱、感傷的なこの通り道を
歩いてゆくのでしょう。

歌詞

秋の情熱 秋の感傷
浮き沈み、

どこにいるの?私は
どこに落下するの?私は

秋、積もる 落ち葉にうもれて

午後、退屈という
哀しみに 時雨れ、

私は、どこにもいない。

どこにも、いない。
どこにもいない。

どこにもいない lalala……

どこにもいない。

カテゴリー: 弾き語り, 更新履歴 |

世界からの逃亡

世界からの逃亡
1 Star (5 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

世界からの逃亡

2017/07/03

mp3ダウンロード

歌詞

世の中はつらいことが多い
走って、走って、どこまでも果てしなく
どこまでも誰もいない場所まで逃げて
叫んで、息を切らして逃げた、

こんなにつらいこと、感じるぐらいなら
心や体が傷むのなら
どこまでも逃げてしまおうって
走った、走って、走って

川の前で立ち尽くしていた。
流れる水の音、かなしい、
かなしくて、心は
永久につらくて傷んで

座り込んで、気が付く頃には
小さな箱の中に
ひっそりと隠れて息をひそめていた。

今日だって、明日だって
私はいつだって怒らない、
もう明るい場所では堂々と
幸せだと言い切れない、

世の中はつらいことが多すぎるから
走って、走って、どこまでも果てしなく
誰も追いつけない場所で 逃げて
叫んで、息を切らして逃げた

カテゴリー: 弾き語り, 更新履歴 |

溜息の数だけ

溜息の数だけ
1 Star (2 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

溜息の数だけ

2017/10/26


mp3ダウンロード



疲れたのならやすみましょう。
心と体はつながっているから
そう、秋のせいにしないで
自分を愛すること。

歌詞



イチョウ並木、壊れかけた心には
冷たい風、頬(ほほ)を痛めつけるよ

誰も構わず 八つ当たりで
そう、自分のことばかりで
なにひとつ片付けられない、心は
曇り空、秋の真下

カテゴリー: 弾き語り, 更新履歴 |


曲を色で探す

色をテーマにした楽曲をまとめています。お好きな色をどうぞ。