即興ピアノ曲の真島こころ公式ウェブサイト

水色」カテゴリーアーカイブ

きょり

きょり
1 Star (3 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

きょり

2014/06/25


mp3ダウンロード

きょうも夜がふる
こうこうとした目がみなを平等ににらむ
きみをおもう
氷のかべの向こうのきみを
きっとおなかをすかしてる
きっとなみだをながしてる
ぼくはゆけるだろうか
時のながれにすらつばをはいて
きみのもとへ
きみと泣くために
波ひとつない空気にことばをつむぐ
まっていて

豊岡アキマサさんに詩を提供して頂きました。
ぬるいあたたかさの中に、やわらかさがあります。
詩のバックで流れているような気持ちで演奏してみました。

カテゴリー: 更新履歴, 水色 |

やさしい出会い

asayake2-jk
1 Star (1 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
素材利用不可

やさしい出会い

2015/08/01

mp3ダウンロード

ここは、海が見える町だった。

学校の帰り道、海沿いの道から
そっと砂浜に駆け降りると、
折り畳みのキャンプで使うような翠の椅子に
深くもたれかかり海を眺めているお兄さんがいた。

その姿は、どこか悲しそうで寂しそうで
それでも穏やかな表情を崩さないように
お兄さんは、ただただ、海を眺め続けているのだった。


☆サウンドノベル
「朝焼けのブルーⅡ-Pianissimo episode-」本編BGMより

カテゴリー: ゲーム使用曲, 更新履歴, 水色 | タグ: |

蒼い反響

aoihannkyo
1 Star (17 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

蒼い反響

2014/03/09


mp3ダウンロード

冷たい波がちゃぷりと音をたてて。
小さな調べが打ち寄せては、引いていく。
涼やかな風は、潮の匂いをまとい
遠い記憶を呼び寄せた。
それもだんだん波のように引いていく。
まるで反響するような、遠い空に手を振った。

カテゴリー: 更新履歴, 水色 |

忘却の日々

忘却の日々
1 Star (5 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

忘却の日々

2014/08/02


mp3ダウンロード

だんだん、忘れていくので、
忘れてはいけないと言い聞かせた。
忘れてしまったほうが楽だと言い聞かせた。
忘れるなんてひどすぎると言い聞かせた。

温い風が感覚を呼び戻して、
忘れてしまってはいけないことだと自分を諭す。
夏の暑さがうだるようで、
ぼやけた残像が見えては照りつく太陽に
焼き殺されたいとも言う。

おかしくなるような暑さが、
じんわりと心の中に針のような痛みを帯びる。

カテゴリー: 更新履歴, 水色 |

隔たれた世界では君が聴こえる

IMG_6287
1 Star (5 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

隔たれた世界では君が聴こえる

2014/05/12


mp3ダウンロード

君の音が、よく聴こえる。
別に喉が渇いてたわけじゃなかった。
烏龍茶のMサイズをファーストフード店の一角で口にしては。
朦朧とした空間の中で小さく君のことを浮かべた。
まるで世界から蹴飛ばされた場所では、
喧噪とした声が刺さるように乱暴に響く。
目を細めては、時計を見て足をぶらつかせた。

カテゴリー: 更新履歴, 水色 |


曲を色で探す

色をテーマにした楽曲をまとめています。お好きな色をどうぞ。