即興ピアノ曲の真島こころ公式ウェブサイト

」カテゴリーアーカイブ

「それは、憂いを帯びたあなたの瞳。」

なつをおよぐ

夏を泳ぐ
1 Star (3 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

なつをおよぐ

2014/07/22


mp3ダウンロード

数々の音色がきらり、きらりと光る。
揺らぐ波も光を成して海を泳ぎ、今日の風を感じた。
アイスクリームが溶けるような暑さの中、
街を行き交う人たちは時間を忘れ、ひしめきあう。
どこを切り取ろうかと迷うこともなく、
シャッターを切っていった。

カテゴリー: 更新履歴, |

神様が与えてくれたこと

神様が与えたもの
1 Star (4 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

神様が与えてくれたこと

2017/06/06

mp3ダウンロード

こおりがゆるやかに
溶けてしまったかのように、ひかりが射した。
なぜ、自分なのか、考えることがあれば
あなたはこう、言っていたとおもいだす。

「この運命を乗り越えることのできる者に
神様は、命を与えるのです」

こおりがゆるやかに
溶けてしまったかのように、ひかりが射した。
わたしが受け止めたことを
これは試練だ、と生きていくのだ。

カテゴリー: 更新履歴, |

あめがふっている

raining day
1 Star (7 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

あめがふっている

2013/09/17


mp3ダウンロード

あさをめくると、あめだった。
傘をさして、出かけよう。
すこしぬれると、きもちがよくて。
まぶしいひかりは、生きる人を照らし
田畑の野菜たちは、恵みの時間を過ごし、
急ぐ人たちに追い抜かされながら、
あめを、足をとめて、感じていました。

カテゴリー: 更新履歴, |

変わりゆく季節の狭間で

変わりゆく季節の狭間で
1 Star (4 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

変わりゆく季節の狭間で

2014/03/23


mp3ダウンロード

こころでおしゃべりするには、こころが狭すぎた。
からだが崩れていく、それでいてこころは冷静でいた。
外の冷たさが、瞳の中にしみこんでいくようにして
おとずれたのは春という今日。
空いた分だけ抜けていったきもち。忘れてしまったこと。
だけれど、その分だけ強く生きれるような気もした。
水たまりを避けるようにして歩いたら、
ちょっとした場所で躓いて転んだ。
忘れないで生きていくにはあまりにもつらい。
忘れてばかりではあまりにも残酷で。

カテゴリー: 更新履歴, |

それでも地球は廻る

soredemo-tikyu-mawaru
1 Star (4 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

それでも地球は廻る

2014/06/16


mp3ダウンロード

建物と人、カラスがゴミをあさっている。
電線と車が走って、空気が汚れる。
こんなにかなしいことが、気付かれないまま。
今日も食卓の上で残された食事が処分されて
遠くのほうでは沢山の人たちが死んでいく。
こんなにかなしいことを、気に留めないなんて。
口にも出せず。太陽は沈む。やがて夜が来る。
明るい夜空の下で、声を殺した。
こんなにかなしいことを、まいにち、つづけていくなんて。

カテゴリー: 更新履歴, |


曲を色で探す

色をテーマにした楽曲をまとめています。お好きな色をどうぞ。