即興ピアノ曲の真島こころ公式ウェブサイト

」カテゴリーアーカイブ

「ほんとうは強き心で、夢を見ているの。」

風の走った日に

風の走った日に
1 Star (5 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

風の走った日に

2019/02/26

mp3ダウンロード


/YOUTUBE版

“夜のこと、また歩き始める、光を見つけた。”

カテゴリー: ピアノ即興, 更新履歴, |

九月の波にさらわれて

九月の波にさらわれて
1 Star (2 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

九月の波にさらわれて

2019/09/24

mp3ダウンロード


/YOUTUBE版

秋のスピードは速く、
あれこれ考えていても
空っ風が吹いて過ぎてしまう日々が
続いていた。すべて吹かれて
いつの間にか次の場所へ着地をしていた、
気がつけばもう10月だ。
通り抜ける風は冷たくて
今は大して痛くない。

秋のスピードは速く、
あれこれ考えていても
空っ風が吹いてすべてなかったことに
放り投げてくれていた。すべて吹かれて
いつの間にか気のせいだと思わせてくれるなら
それでいいのかもしれない、
冷たい風のせいだと、朝の寒気が
すべてつらくさせるのだと
自分に言い聞かせた。

カテゴリー: ピアノ即興, 更新履歴, |

空から地上へ

空から地上へ
1 Star (6 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

空から地上へ

2019/10/31

mp3ダウンロード


/YOUTUBE版

肩の力を入れすぎてたらしい。
秋、初雪のにおいがする頃
すとん、と腑に落ちて
かたん、と地面に着地した。

「どこまで
 手を伸ばしにいこうとしてたんだろう」
羽を休めたらわかったことが沢山ある、
神様なんてものはいないけれど
今はこうしていたほうがよいと
空も言っているのです。

カテゴリー: ピアノ即興, 更新履歴, |

紅いツツジは言った

紅いツツジ
1 Star (5 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

紅いツツジは言った

2018/07/09

mp3ダウンロード


/YOUTUBE版

紅いツツジが見事なまでに咲いていて
そこでただただぼうっと
立ち尽くしていた。

抗うすべもなく、滑り落ちて
またこの場所ではいくらか吼えることもあった。

簡単でしょう、ただこなすのなら
ただ毎日繰り返すのなら
ただ痛むだけなのなら

叫びたいことは幾度もあった。
だけど叫ばなかった。

そこで紅いツツジが私を見ている。
雨に濡れながら、ただただ向き合っていた。

カテゴリー: ピアノ即興, 更新履歴, |

容
1 Star (4 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

2018/08/04

mp3ダウンロード


/YOUTUBE版

その容が完成したとき
わたしは大層よろこんだそうだ、
だけれど次の瞬間には
粉々に紙をやぶったそうだ、
そして最後には夜の空を走って
水槽の中で溺れた。

また、こんなにもむなしい夜空の中に
漂っている、とてもつらい、
その容は本当にきれいだったのに
その容に満たされていたのに

苦しいほど今はその容をまっすぐ見れない、

カテゴリー: ピアノ即興, 更新履歴, |


曲を色で探す

色をテーマにした楽曲をまとめています。お好きな色をどうぞ。