即興ピアノ曲の真島こころ公式ウェブサイト

桃色」カテゴリーアーカイブ

ほのかに揺れる、やさしさは心に浸るようにピンクが色づいた。

ちらばる

tirabaru
1 Star (5 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

ちらばる

2015/05/19

mp3ダウンロード

髪をばっさり切ったら、色んなものを
また失いそうだなって 
たくさんのものをかかえた君は 苦笑いした。
守りきれなかった ものが 足元にちらばっていた。

カテゴリー: 更新履歴, 桃色 |

今日だって夢を見る

今日だって夢を見る
1 Star (10 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

今日だって夢を見る

2015/11/30

mp3ダウンロード

ベッドに寝転がって、布団を被って
“どこも行けないまま今日が終わるんだな”って思った。

目を開ければそこは夢に見た世界だった。
あの街、私がずっと思い描いていた場所。

強く、強く、強く 願う。
この街にずっといたい。戻らないで、はしゃいで、
笑って、踊って、君の手を引いて、
どこまでも行くんだ。泣きそうなぐらい、
わけがわからないぐらい、自分でないみたいに、楽しい時間。

ベッドに寝転がって、布団を被って
“どこも行けないまま今日が終わるんだな”って思った。

そうして、また私は夢を見る。

カテゴリー: 更新履歴, 桃色 |

幸せの空

2015.12.22
1 Star (7 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

幸せの空

2015/12/22

mp3ダウンロード

何も出来なくても明るい気持ちで溢れていた。
少しだけ大人になって見た世界は、
辛い場所もありながら、それを知るからこそ
感じる幸せがあったのだ。取り巻く人は言う。
君は一人じゃない、と。
そうだ、私は一人なんかじゃなかった。
弱さを見せる。そのたびに、支えてくれる人がいて。
私は生かされているのだと、知った。

カテゴリー: 更新履歴, 桃色 |

pleasantly

pleasantly
1 Star (14 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

pleasantly

2016/01/06


mp3ダウンロード

かなしい音を紡ぐ気なんて起きなかった。
かなしいこと、苦しいこと、痛みを帯びて。
でもそれ以上に、飴玉を転がすみたいに
楽しく、はしゃいだのだった。楽しい気持ちを音に乗せて、
転がしていくように、歌った。

カテゴリー: 更新履歴, 桃色 |

冬から春へ

冬から春へ
1 Star (8 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

冬から春へ

2016/01/28

mp3ダウンロード

冷たい風がゴウゴウと轟くように音を立てていた。
心の隙間に吹いて、日常はさらに白く
塗りつぶされるようだった。

それでも。
思うのは、春のことだ。春になったら、
君と会ったり、出かけたりして
沢山の夢を叶えたい。
冬までのことをうそだったみたいに
桜と一緒に散らせて、歩いていくんだ。

会いたい。
君や、友達や、まだ会ったことのない人たちにも。
会って、お話をして、一緒にご飯を食べたり、
紅茶のお店に行ったり、春を見たり、
夏を見たり、秋だってこのまま巡っていくんだ。

冷たい風は負けてしまいそうなぐらい強く吹いていた。
もう嫌だなだなんて、言ってしまった。

だけれど。
もうすぐ春が来るから、春はいつだって
来るから。想いをのせて
強く、強く。願いつづける。

カテゴリー: 更新履歴, 桃色 |


曲を色で探す

色をテーマにした楽曲をまとめています。お好きな色をどうぞ。