即興ピアノ曲の真島こころ公式ウェブサイト

」カテゴリーアーカイブ

「きらきらって。まぶしいけれど、どこか懐かしい視界。」

春の海辺にて ver.short demo

少女の海
1 Star (投票する)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
素材利用不可

春の海辺にて ver.short demo

2016/05/13





「ねぇ、どうして」



まだ肌寒い春先のこと。
波の音が聞こえた、カモメの鳴き声も聞こえた。
青年も目の覚めていない朝は、すごく静かで、
浜辺では、淡くやさしく穏やかに時間が流れている。
生温い潮風が、佇むように吹いていた。


☆イラスト:Merrill Macnaut
マスタリング:マシュー

6月17日~19日に行われるAPOLLO第四回にて
リリース予定の新作アルバム「少女の海から」より。
ティザーサイト公開中
特設本サイトは5月末公開予定です。

カテゴリー: アルバム視聴デモ, 更新履歴, | タグ: |

夏の瞬間

夏の瞬間3
1 Star (10 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

夏の瞬間

2016/05/21

mp3ダウンロード

身体中に、熱をまとった。夏だ。
途端、空気は膨張してぼやけていく。
それが好き、温度が上昇して汗ばむ。
暑い中、熱いものを口に入れて
蒸発してしまいそうな、この夏を今、
感じて、瞬間瞬間を切っていく、
夏が好き、好きだ、今年もやってきた、
夏だ。

カテゴリー: ピアノ即興, 更新履歴, |

時の航路

tokinokouro5
1 Star (5 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

時の航路

2016/06/27

mp3ダウンロード

いろいろかんがえたけれど、なにも見つからなくて
なにもない野原でずっと立ちつくしていた。
たくさんのことがわかったのに、
一番わかりたいことが、わかることができない、

きっと、”それ”を見つけるために
いつもこうして生み出してきたのだと思う。

いろいろかんがえたけれど、わたしには
一番だいじなものが空っぽで
透明なボトルのように軽くて蹴飛ばされたら
どこまでもどこまでもとんでゆくんだ。

でも、そんな風にかんがえていても
日常は時速を上げてすぎてゆくのだ、

もうどうでもよくなって、風にふかれて
朝がきて夜がすぎて
いろいろかんがえることの無意味さを
知る。

ただ、進む。それだけで、航路ができていく。

こだわりを棄て、からだを浮かせて
ゆこう、夢をみることをやめて
もっと、ほんものの世界へ。

カテゴリー: ピアノ即興, 更新履歴, |

どこにもいない君と、

どこにもいない君と
1 Star (1 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

どこにもいない君と、

2016/07/20

mp3ダウンロード

「ぼくはここにいます」

軽やかなステップで足を急がせた。
まっすぐと抜けた先に、灯りがついていたよ、
ドアを開けると今よりすごく前の
あたらしいぼくのお家の中だよ、
手をあらって、ぼくのへやに上がって
ベッドの上で考えたよ、
ぼくはどこにいるのか、ときどき
わからなくなるから、
ぼくは容なき君としゃべりあって
ぼくをみつけたよ、
ぼくはここにいるよ、
きみはいないのに、
ぼくはいるんだね、

カテゴリー: 更新履歴, |

バレッタ

バレッタjk
1 Star (1 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

バレッタ

2016/08/05

「バレッタを、なくした」

カテゴリー: 更新履歴, |


曲を色で探す

色をテーマにした楽曲をまとめています。お好きな色をどうぞ。