即興ピアノ曲の真島こころ公式ウェブサイト

色カテゴリ」カテゴリーアーカイブ

一瞬の漣が打つ

青空
1 Star (8 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

一瞬の漣が打つ

2018/06/19

mp3ダウンロード

/YOUTUBE版

風の波がさざなみのように
耳から、身体中へ、海鳴りがきこえた。
一瞬にして、瞼をとじれば
鳥の鳴き声が心の中の色彩を覆って
甘酸っぱい湿った初夏の匂いがするのだ、
外に出たら、何もかも新しくてきれいだ、
また生まれ変わった、
こころもからだも、
全部。

カテゴリー: ピアノ即興, 更新履歴, 水色 |

音は色褪せることがなかった

音は色褪せることがなかった
1 Star (3 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

音は色褪せることがなかった

2018/10/22

mp3ダウンロード


/YOUTUBE版

きらきらと瞬きをする、教室だ。
肌色のカーテンゆれていた。
次第に鍵盤を奏ではじめた。
一斉に歌い始めた、
ざわりと心が震えた、
意識はどんどん深くのめりこんでいく、
歌声と教室のピアノの音が体中を支配した。
あのまっすぐな瞳。

「ここに、いたんだね。」
彼女はその教室の一番後ろで眺めていた。
やさしい音が次第にやってくる。
ここにいた確かなこと。
気が付いたら瞳は濡れていて
ベッドの上にいた。

カテゴリー: ピアノ即興, 更新履歴, |

私と言葉と

私と言葉と
1 Star (3 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

私と言葉と

2019/04/17

mp3ダウンロード


/YOUTUBE版

「お前はなんのために言葉を、紡ぐのだ」

老人は、そう言う。

自分のため。誰かのため。
いや、誰の為でもないのかもしれない。
そこに、意味は成してないのかもしれない。

言葉と初めて向き合ってから
幾つもの時が流れて、幾つものの
呼吸のしにくさを感じた。苦しさばかりだった。

「こんなに大切に、言葉を、できないのなら
言葉などいらないです」

言葉はあるとき他人を傷つけた。
言葉は跳ね返って自分を苦しめた。

そんな言葉なら、言葉などいらないと願った。
口を塞ぎ、目を閉じて、だけれどそれは違った。
そのことにある日を境に気付いた。

「言葉は、苦しんだり、他人を傷つけるものではないのだ」

言葉があるから、生かされたり、
誰かに救われたこともあった。

言葉が自分のためになることもあった。

「言葉は、ただの、道具だ」

一瞬、一瞬、ガラクタのような文字列が心に転がっている。
一瞬、一瞬、私は言葉を使って、

私も、世界を、少しでも楽に、
少しでも幸せにできたら

自分の心が、全てをあらわしている。
心から綺麗に洗浄して、

いきましょう、わかったのなら、もう口を塞ぐことはない。

ゆこう。

カテゴリー: ピアノ即興, 更新履歴, 桃色 |

repent

repent
1 Star (5 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

repent

2018/06/21

mp3ダウンロード

/YOUTUBE版

溶けてしまいそうなぐらい眠りにつきたいときでも
あなたは私の中にずっと棲んでいて
夢の中で軽やかにタオルケットをかけてくれて
何も悔いのない笑顔で
許しをくれた。

カテゴリー: ピアノ即興, 更新履歴, |

再生の日

IMG_20181029_210144947
1 Star (3 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

再生の日

2018/10/29

mp3ダウンロード


/YOUTUBE版

今日は再会したのだ。
それは形におさまらないもの、
輝くもの、瞬間にあるもの、だ。
気が付けば緩やかな曲線に沿って
ペダルを漕いで、足を離せば
心地よい斜面を下りているでしょう。
風など感じないぐらいに
だけれど輪郭ははっきりしながら
見つけたのでしょう、
出会えたのでしょう、
新しい風がまた吹いていく、
近くに。もっと、近くに。
幸せはある。

カテゴリー: ピアノ即興, 更新履歴, |


曲を色で探す

色をテーマにした楽曲をまとめています。お好きな色をどうぞ。