即興ピアノ曲の真島こころ公式ウェブサイト

ピアノ即興」カテゴリーアーカイブ

くもりぞらの、一滴

kumorizora
1 Star (7 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

くもりぞらの、一滴

2014/05/16


mp3ダウンロード

迷いの空では、なにも飛ばない。
紙ばかりの部屋で、積み重なったかたちを
途方に見つめてはシャープペンシルの芯をカチカチと出して。
溜まっていた洗濯物をひとつひとつ手洗いして、
晴れた午後を想像して。週末がやってくる。
なにひとつ片付かない、この心を、そらにながして。

カテゴリー: 更新履歴, |

光が降るから

hikarigahurukara-k
1 Star (7 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

光が降るから

2014/07/09


mp3ダウンロード

道往く人に、綺麗なひかりを分けてもらった。
ひかりを手のひらに乗せて歩けば、
背中を押すような風も吹いた。
ひかりが朝の曇った空から、伸びるように降ってきた。
弱い自分をさらけ出しても、ひかりは消えなかった。
肩の力を抜いて、音を奏でれば、道往く人は喜んだ。
そのことがうれしいから、
私も音をいくつものの奏でるようになった。
ひかりが教えてくれる。”ここ”にいていいのだ、と。
そして、私もひかりを分けるために、
だれかのよろこびのために、音を鳴らす。
それが気が付けば生き甲斐になっていた。

カテゴリー: ピアノ即興, 更新履歴, 黄色 |

時の針

時の針
1 Star (4 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

時の針

2014/12/11

mp3ダウンロード

毎日が過ぎる音がした。季節は、”冬”を迎えていた。
もう戻ることのできない幼い記憶を
思い出して泣いた夜をそうっと両手で掬った。
毎日が、ほんの少しずつ移り変わって、
自分は生まれた日からだんだんと忘れていきながら、
時の針が進む。消えていく、カタチ。
凍てつく寒さとともに、私は色んな風に
崩れていくのだと思ったのだ。

カテゴリー: 更新履歴, 水色 |

遠のく世界

asayake2-jk
1 Star (1 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...
素材利用不可

遠のく世界

2015/09/10

mp3ダウンロード

怒った顔の槇が
一冊の寂れたえんじ色の本を手に取った。

ぶつかったときの衝撃、落としてしまったせいか、
分厚い表紙がぶらりと、取れてしまっていた。

祐は頭がぐるぐるした。
槇は強い口調で吠えるように言った。



☆サウンドノベル
「朝焼けのブルーⅡ-Pianissimo episode-」本編BGMより

カテゴリー: ゲーム使用曲, 更新履歴, 水色 | タグ: |

雪のまなざし

雪のまなざし
1 Star (8 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

雪のまなざし

2015/11/28

mp3ダウンロード

それは、ひとりの寂しさのようにも思える。
朝の光が、雪に反射して眩しかった。
だけれど、心地よい。こんなに光に当たるのは
なにもかも、溶けていくような感覚。
屋根から雫がぽたりぽたり、と落ちて
体や心の中にある苦しさが癒えていくみたいだ。

カテゴリー: mono, ピアノ即興, 更新履歴 |


曲を色で探す

色をテーマにした楽曲をまとめています。お好きな色をどうぞ。