即興ピアノ曲の真島こころ公式ウェブサイト

年別アーカイブ: 2020年

春の穏やかなやさしい無料配布「こころおだやかに。」を配布開始しました*

冬から春へ。やっとこの季節がやってきました。 寒い季節から明けて体はつらくないでしょうか。 心も痛くないでしょうか。 そ … 続きを読む

カテゴリー: トップのお知らせ, 更新履歴 |

ご依頼に使えるお得なクーポンが貰えるシェア割を始めます!【~4/30まで】

数年前からご依頼でオリジナルプランや セット割、また通販では一点もの素材ショップなど 色んなことをやってきましたが 当サ … 続きを読む

カテゴリー: トップのお知らせ, 更新履歴 |

春という幸せ

春という幸せk (1) (1)
1 Star (5 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

春という幸せ

2020/02/12

mp3ダウンロード


/YOUTUBE版

私の故郷は冬が長くて
一年の半分は冬みたいなもので
この瞬間、芽吹く季節を
どれだけ待っているか
そこに暮らす人たちもきっとそうなのだろう。
春、はる、ハル、春が来た。
冬はもうすぐ明ける。もうすぐだ。

カテゴリー: ピアノ即興, 更新履歴, 桃色 |

生きる衝動

生きる衝動
1 Star (3 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

生きる衝動

2020/02/06

mp3ダウンロード



/YOUTUBE版

―目は覚めたか。

水は押し寄せる。途端に部屋の中で
水かさは増す。もがく、息が出来なくなる。
ざぷん。水の中に入ってしまえば
瞼も開けれなかった。
そう、昔から水が苦手だった。
お風呂の時だって怖かった。
息も出来ない。苦しい。
それでも必死にもがく。
まだこの状況でも生きたいと願うのか。
もがいて、もがいて、
泳ごうとした。手も足も掻きながら
次第に瞼を恐る恐る開けた。
もしかしたら泣いているのかもしれない。
こんなに、こんなにまでなっても、
生きたいと願うなんて。
手を伸ばす。僅かな隙間から射す光は
霞んでいる。ぼやけている。
あの場所に辿り着くことはもう少しで出来た。
あの場所に辿り着いても
僕はどういうふうに生きていけばいいかわからない。
それでも、必死に手足を掻いた。
光が見えてきた。
光じゃない光。
僅かな光だったが、それは光なのかもわからない。
ここで助かっても幸せになれるかわからない。
このまま沈むことも考えた。

―目を覚ませ。

次第に体が勝手に動く。
光へ、光へ、まっすぐと。

カテゴリー: mono, ピアノ即興, 更新履歴 |

look the reality

look the reality (1)
1 Star (2 投票)
読み込み中 ... 読み込み中 ...

look the reality

2020/01/16

mp3ダウンロード


/YOUTUBE版

私はまた生きることを選択した。

→生きる

霧は消えていた、微かなあたたかさも
もうなくなっていた。

→忘れる
→振り返る

正しいことなんてなにひとつどこにだってない。

「忘れなくてもいい。」

振り返らない、忘れたくない、
忘れなくていい。

思い出すことは減っていた。
忘れてるように感じていた。
焦っていた。
足も手もいつだって動かさなくてはいけないと。

“いつだって、時間を無駄にしてはいけないと。”

白い花束を持ったあなたが
いつだってあなたは生きることができるのだからと
教えてくれたからだ。

だから、私は有意義に、時間を使っていた、
ように思えて体はずっと、心はずっと、

全速力で走っていた。消耗していた。

このまま走り続けることはできない……。

カテゴリー: ピアノ即興, 更新履歴, 桃色 |


曲を色で探す

色をテーマにした楽曲をまとめています。お好きな色をどうぞ。